トピック
聖書動画コンテスト・アワード 最優秀賞は「クリスチャンに質問してみました」の柳義賢さん
第3回聖書動画コンテスト・アワード(主催:日本聖書協会)が14日、ユナイテッド・シネマ豊洲(東京都江東区)で開催された。CM、ショートフィルムの2部門合わせて20作品がノミネートされ、最優秀賞、優秀賞、作品賞、奨励賞が決定した。
今週のみことば「神の約束」
大祭司が、「訴えのとおりか」と尋ねた。 そこで、ステファノは言った。「兄弟であり父である皆さん、聞いてください。わたしたちの父アブラハムがメソポタミアにいて、まだハランに住んでいなかったとき、栄光の神が現れ、 『あなたの土地と親族を離れ、わたしが示す土地に行け』と言われました。 それで、アブラハムは ...
今日1月21日は平安女学院の創立記念日です。1875(明治8)年、大坂・川口居留地で、米国聖公会から派遣されたミス・エディが女学校を開いたのが始まりです。95年に校名を「平安女学院」として、京都で再び ...
江原淳氏(元・連盟タイ派遣宣教師、日本バプテスト連盟副理事長、綾瀬小園キリスト教会牧師)が16日に召天(86歳)。お別れの会は26日午後2時から日本バプテスト相模中央キリスト教会で。

【CHRISTIANITY TODAY】2018年の聖書考古学上の発見トップ10(後編)
毎年、ほぼ毎日といえる考古学的な発見は、聖書のよりよい理解と、聖書の人物や出来事、文化の詳細を確認するのに役立っている。以下は、2018年に報じられた、聖書の世界と初期キリスト教史についての知識を深めることになった発掘調査結果のトップ10。
【CHRISTIANITY TODAY】2018年の聖書考古学上の発見トップ10(前編)
毎年、ほぼ毎日といえる考古学的な発見は、聖書のよりよい理解と、聖書の人物や出来事、文化の詳細を確認するのに役立っている。以下は、2018年に報じられた、聖書の世界と初期キリスト教史についての知識を深めることになった発掘調査結果のトップ10。
キリスト教一致祈祷週間、18日から25日まで テーマは「ただ正しいことのみを追求しなさい」
キリスト教一致祈祷週間が18日(金)〜25日(金)、全世界で行われる(南半球の国は1月が休暇の時期なので、ペンテコステ前後など、別の日程で行われる地域もある)。今年は、申命記16章18〜20節から「ただ正しいことのみを追求しなさい」がテーマ。
阪神・淡路大震災から24年 関西学院大メモリアル・チャペル
阪神・淡路大震災(1995年)で学生15人と教職員ら8人が亡くなった関西学院大学(兵庫県西宮市)は9日、西宮上ケ原キャンパスにあるランバス記念礼拝堂で阪神・淡路大震災メモリアル・チャペルを開催した。学生や教職員など約160人が集まった。
【CHRISTIANITY TODAY】ロシアより愛をこめられず──ウクライナ正教会の独立(対訳)
ウクライナ正教会がロシア正教会から独立した。「我々は敵の首都に中枢がある教会ではなく、普通の教会がほしいのだ」「ロシアが政治的目的を果たすためにロシア正教を用いた侵略に関しては、ウクライナ政府は国を守るために立ち入らざるを得なかったのだ」
【CHRISTIANITY TODAY】クリスチャンが牧師よりも信頼しているのは?(対訳)
聖職者を聖書は「非のうちどころがなく」(1テモテ3:2)と述べているが、米国人はクリスチャンでさえも、聖職者に対してはるかに悲観的な見方をしている。ギャラップの最新世論調査によると、牧師に対する見方は、2018年に過去最低を記録した。
なぜ聖書は性について語るのか
間違ったセックスをしてしまった人が得た苦々しい果実について聖書は描写する。そして、喜びと楽しみの手段であるセックスのために指標を設けられた神を紹介する。聖書は、神の教えに従うべき秩序ある世界を明らかにし、性的な世界のリアリティーを提示する。

各カテゴリーでいちばん読まれている記事の一覧

投稿日:2017年4月4日 更新日:

今週のみことば「神の約束」
大祭司が、「訴えのとおりか」と尋ねた。

そこで、ステファノは言った。「兄弟であり父である皆さん、聞いてください。わたしたちの父アブラハムがメソポタミアにいて、まだハランに住んでいなかったとき、栄光の神が現れ、

『あなたの土地と親族を離れ、わたしが示す土地に行け』と言われました。

それで、アブラハムはカルデア人の土地を出て、ハランに住みました。神はアブラハムを、彼の父が死んだ後、ハランから今あなたがたの住んでいる土地にお移しになりましたが、

そこでは財産を何もお与えになりませんでした、一歩の幅の土地さえも。しかし、そのとき、まだ子供のいなかったアブラハムに対して、『いつかその土地を所有地として与え、死後には子孫たちに相続させる』と約束なさったのです。

神はこう言われました。『彼の子孫は、外国に移住し、四百年の間、奴隷にされて虐げられる。』

更に、神は言われました。『彼らを奴隷にする国民は、わたしが裁く。その後、彼らはその国から脱出し、この場所でわたしを礼拝する。』

そして、神はアブラハムと割礼による契約を結ばれました。こうして、アブラハムはイサクをもうけて八日目に割礼を施し、イサクはヤコブを、ヤコブは十二人の族長をもうけて、それぞれ割礼を施したのです。

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.