• CT
  • クリスチャニティー・トゥデイ、オンラインの購読者1000万に上るキリスト教メディア
  • HOME
  • 記事
  • CT
  • 【米クリスチャニティ・トゥデイ】アメリカの教会はコロナウイルス救済基金をどのように使ったのか

【米クリスチャニティ・トゥデイ】アメリカの教会はコロナウイルス救済基金をどのように使ったのか

米国政府が打ち出したコロナ関連・返済免除条件付融資の対象には、宗教団体が含まれた。
その総額は73億ドル(約7700億円)。この経済支援を受けて、伝道チームは働きに集中することが可能になっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Religious groups got $7.3B in forgivable loans. That financial security helped ministry teams focus.

マイク・ヴォーンはアリゾナ州グッドイヤーにあるパームバレー教会の牧師だ。通常であれば、彼は「教会が政府から資金援助を受けること」を良しとするタイプではない。しかしコロナウイルスによって社会が封鎖されると、経済危機が間近に迫ってくるのが見てとれた。教会で働く人々の職をどう守るのか悩み、米議会が宗教団体も利用できる給与保護プログラム(PPP)を組んでいるのを見たとき、彼はこれまでとは違った考えを抱くようになった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Mike Vaughn doesn’t think churches should accept money from the government, normally. But when the administrative pastor of the Palm Valley Church in Goodyear, Arizona, looked at the looming economic crisis brought on by the coronavirus shutdowns, the staff jobs he was trying to save, and the way Congress structured the Paycheck Protection Program (PPP) to be used by religious organizations, he felt different.

パームバレー教会は、CARES法(ドナルド・トランプ大統領が3月に署名)の一環として中小企業庁からの基金を受け取った8万8000を超える宗教団体のうちの1つだ。CARES法により、小規模企業、非営利団体、および教会に5100億ドルのPPP支援金が拠出された。(4月初め~6月末) 政府の記録では、そのうち宗教団体が受け取った支援総額は約73億ドル(約7740億円)だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Palm Valley is one of more than 88,000 religious organizations that received money from the Small Business Administration as part of the CARES Act, which President Donald Trump signed in March. The CARES Act gave $521 billion in PPP funds to small businesses, nonprofits, and churches between the beginning of April and the end of June. About $7.3 billion went to religious organizations, according to government records.

政府の支援金が教会にも提供されるのはこれまでに前例がなく、福音派の間でも論争を呼んだ。その一例に、クリスチャン向けのファイナンシャルアドバイザーとして著名なデイブ・ラムジー氏が「教会が支援を受け取ること」に自身のラジオ番組で強く反対したことが挙げられる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Providing money to churches was unprecedented and controversial—even among evangelicals. Popular Christian financial advisor Dave Ramsey strongly discouraged churches from taking the money on his radio show, for example.

「これは、教会がやっては絶対にいけないことです。教会が自らの組織の管理について連邦政府に介入させるようなものですから」とラムジー氏は語った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“It’s a triple don’t do it for churches,” Ramsey said. “Here’s why: You just let the federal government into the management of your organization.”

クラウン・ファイナンシャル・ミニストリーズ(教会財務管理へのアドバイスを提供する非営利団体)のチャック・ベントリーCEOも同様の懸念を持っている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Chuck Bentley, CEO of Crown Financial Ministries, had similar concerns.

「それは本当に天国から与えられるマナ(恵み)でしょうか?いえ、間違いなくシーザー(為政者)からのマナでしょう。長い目で見たときに、『教会は困ったときに(神ではなく)政府に助けを求めた』ことは人々にどう受け取られるでしょうか?」。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Is it really manna from heaven? It’s manna from Caesar, that’s for sure,” he said. “What’s it going to look like in terms of the optics in the long term, that this is where the church went for a rescue?”

(冒頭に出てきた)ヴォーン牧師もその点については同意見だ。それに、宗教組織が連邦政府からお金を得ることを、教会外の人々が訝(いぶか)しがる理由も分かる。しかし、PPPには「この資金提供によって政府が教会の活動に干渉することはない」という保証が付けられており、その主眼は「切迫した状況のなかで教会が地域に奉仕できるよう支援すること」に置かれている。やがて、パームバレー教会は、米国にあるプロテスタント教会の約40%(ライフウェイ・リサーチ社調べ)の諸教会と同様、返済免除条件付融資の申請を決めた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Vaughn is sympathetic to that point of view. He also understands why those outside the church might be skeptical of religious organizations getting money from the federal government. But the PPP money came with guarantees that the government wouldn’t interfere with the church’s business and it helped the church better serve its community in a time of acute need, Vaughn said. Palm Valley, like about 40 percent of Protestant churches in the United States according to a LifeWay Research survey, decided to apply for the forgivable loan.

特定の宗派に属さないメガチャーチである同教会には、通常の日曜日であれば2つの建物にのべ約5000人が集まる。受け取った支援金は40万ドル(約4250万円)だ。 ヴォーン牧師は(申請が通った旨の)知らせを受け取ると、すぐにスタッフたち(常勤24名、非常勤20名)に雇用が守られることを伝えた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The nondenominational megachurch, which has about 5,000 people in two locations on a normal Sunday, received $400,000. The first thing Vaughn did when he got the news was tell church’s 24 full-time and 20 part-time staff members that their jobs were safe.

「何人かのスタッフたちが胸をなでおろすため息が聞こえました。私たちは、職員たちが不安のなかで浮足立つことのないようにしたかったのです。なすべきことは山のようにありましたし、全員が腰を据えてあたる必要がありました」と彼は言う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“You could tell there were a few folks that let out a sigh of relief,” he said. “We wanted to make sure that we didn’t have people walking around nervous and worrying. There was just too much to do, and so we needed everybody’s head in the game.”

ヴォーン牧師の会計士が調べたところでは、教会の支出の93%は人件費だ。残りの7%は家賃と公共料金。 PPPのルールでは、貸し付けられた資金のうち、75%以上が人件費、残りが家賃や公共料金など特定の用途に用いられる場合、その貸付金は(返済不要の)助成金となる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
According to Vaughn’s accounting, the church spent 93 percent of the money on payroll. The additional 7 percent went to rent and utilities. The PPP rules say loans will be converted to grants if 75 percent of the funds are used for payroll and the rest for specified needs, including rent and utilities.

この支援金が役立ったのは、ただ月々の請求書を支払えたことに留まらない。「パームバレー教会のスタッフは(支援金のおかげで)職を失う不安を抱くことなく、パンデミックの中で教会のケアをすることに完全に集中することができたのです」とヴォーン牧師は言う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The money helped with more than just paying the bills, however. Because Palm Valley’s staff didn’t have to worry about their job security, they were able to focus fully on caring for the church in the pandemic, Vaughn said.

パームバレー教会のスタッフは、2週間に一度はすべての教会員に電話をかけ、それぞれの様子を確認した。そして皆のために祈り、励まし合い、そのニーズに耳を傾けた。また同教会では地域病院への差し入れや、地元のフードバンクの働きへの協力など、いくつかのプロジェクトを支援するボランティア・グループを立ち上げられている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Palm Valley staff called every member of the church to check in every two weeks, praying for them, encouraging them, and listening to their needs. The church also organized a volunteer force to help with several projects, including providing care packages to area hospitals and serving a local food bank.

「(PPPの支援がなくても)同じような働きをやったかもしれませんが、(支援が無かったら)人手も足りない中で、その活動はより困難なものになったと思います」とヴォーン牧師は語った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“I think we still would have done it [without the PPP funds],” Vaughn said, “but we would have been short-handed. It would have been a much heavier lift.”

常勤スタッフがいたおかげで、同教会では黒人死亡事件(アーモード・アーバリー、ブレナ・テイラー、ジョージ・フロイド)の後に全国規模で起こされた「人種差別と警察」についての対話も、より効果的に行うことができた。パームバレー教会には白人(約50%)とアフリカ系アメリカ人・ラテン系(計約50%)のメンバーが在籍しており、今回、人種差別の経験についてアフリカ系アメリカ人のメンバーに語ってもらう機会を作ったという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
With their full staff, the church could also better engage the national conversation about racism and policing after the deaths of Ahmaud Arbery, Breonna Taylor, and George Floyd. Palm Valley, which is about 50 percent white and 50 percent African American and Latino, invited African American members to share their experiences of racism with the congregation.

ヴォーン牧師は語る。「私たちは『多様性のある教会』になるための学びを深めているところです。(様々な課題が)表面化し、それに取り組む必要があるときに人員が不足していたら、事態は非常に困難なものになります。(中略)今回はスタッフが全員そろっていたことで、人種的正義の問題に取り組むことが可能になったと私は確信しています。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We’re learning how to be a diverse congregation,” Vaughn said. “If we had been short-staffed once that aspect of things came to the surface and we recognized we needed to lean into those things, it would have been really hard. … Having the resources to be at full staff I believe firmly enabled us to lean into racial justice.”

PPP基金を受け取った他の教会でも同様のストーリーが語られている。カリフォルニア州リバーサイドにあるサンダルズ教会は、100万~200万ドルの融資を受けた。236人のスタッフを抱える同教会では、PPP支援金の「大部分」が人件費に用いられたと責任者ブライアン・シェレット氏は語った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Other churches that received PPP funds have similar stories. Sandals Church, in Riverside, California, received a loan between $1 million and $2 million, according to executive director Brian Chelette. The church has 236 people on staff and used the “overwhelming majority” of the PPP money for payroll.

南部バプテスト連盟所属のメガチャーチ(会堂は9つ、礼拝出席者は計1万4000人)である同教会は、顔を合わせることのなかった4か月の間にもスタッフを解雇する必要に迫られずに済み、困窮する人々を助けるために労力を注ぐことができた、とシェレット氏は言った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Despite four months of not meeting in person, the Southern Baptist multisite megachurch, with regular weekly attendance of 14,000 people at nine locations, didn’t have to lay off any staff. Because of that, Chelette said, they were able to put a lot of energy into helping those in need.

サンダルズ教会ではカリフォルニア州にパンデミックが拡大して以来、食品1万3000箱、医療用フェイスマスク1万枚、フェイスシールド400個、ゴーグル100組、防護用ガウン1万5000を配布してきた。またパンデミックによって人に会うことが難しくなった高齢者が家族や友人とコミュニケーションをとれるようにと、タブレット機器170個を贈っている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sandals has given away 13,000 boxes of food since the pandemic hit California, as well as 10,000 medical-grade face masks, 400 face shields, 100 pairs of goggles, and 15,000 protective hospital gowns. The church has also given 170 computer tablets to seniors, to help them better communicate with loved ones while isolated by the pandemic.

「PPPの支援は戦略的な面での対応に役立っただけではなく、コミュニティーをケアし、サポートすることに集中しようとするチームの働き維持にも役立ちました。強い教会は、コミュニティー強くするのにも役立ちます」と、シェレット氏はCTの取材に答えている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Not only has the PPP helped the strategic shift, but it’s also helped maintain the teams that are focused on caring for and supporting our communities,” Chelette told CT. “Strong churches help ensure strong communities.”

教会がコミュニティにもたらす経済的利益は広範に及ぶ。ペンシルベニア大学の社会学者、ラム・ナン氏はそれを「ハロー効果」と説明している。(訳注:ハローとは聖人の頭上に描かれる光輪のこと。輪のように恩恵が広がることを指している。)教会はカウンセリングから育児まで多様な社会的サービスを提供し、またその地域でお金を使う。3つの都市圏にある90の教会への調査を通して、ナン氏は「教会が地域経済に与える貢献金額は毎年120万ドル~250万ドル(およそ1億2700万円~2億6000万円)ほど」と算出している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Churches do provide extensive economic benefits to their communities. University of Pennsylvania sociologist Ram Cnaan describes it as a “halo effect.” Churches provide social services, from counseling to child care, and also spend money locally. In a study of 90 churches in three urban areas, Cnaan found each house of worship contributed $1.2 million to $2.5 million to the local economy every year.

CARES法の狙いは、経済に資金を送り込むことだ。(地域経済の一角を担っている)教会への経済支援もまた、その1つと言える。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The CARES Act was trying to pump money into the economy. Funding churches is one way to do that.

支援金を受け取ったメガチャーチの牧師たちは、それでも「なぜこれが論争を呼ぶか」については理解している。ヴォーン氏も、通常であれば自分もこういったことに懐疑的な人間だ、だと語った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But still, megachurch pastors who received the funds understand why it’s controversial. Vaughn said he would normally be skeptical himself.

「私たちはビジネスをしているわけではありません。しかしこの地域に住む雇用主であることは確かです。今回の資金提供は私たちが(資金関連以外の)判断を下すのに本当に役立ちましたし、それによって教会が『地域への祝福』となることを可能にしたのです」と彼は語った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We’re not a business, but we are an employer in the community,” he said. “The loan really helped us to be able to make other decisions that allowed us to be that much more of a blessing to the community.”

(記者:ルーク・スコジエル)


本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。
出典URL: https://www.christianitytoday.com/news/2020/august/coronavirus-cares-act-ppp-loan-sba-trump-megachurches.html

Share

Related Posts

おすすめ