なぜ迫害されているクリスチャンよりペットを心配するのか
牧師であり作家であるジョニー・ムーア氏は言う。「イラクではクリスチャンの80%、シリアでは50%が殺害されていることを人々は知らないのではないでしょうか」。彼の願いは、遠い国の出来事としか認識できない西洋のクリスチャンを奮い立たせることだ。 ...

教会で最も大事なのは「メッセージ」──ギャロップ調査で明らかに
聖書から直接語られる「メッセージ」こそ最も重要であると考える礼拝出席者の姿が、米世論調査会社ギャロップによる調査でこのたび明らかになった。「聖書を教えるメッセ―ジ」こそ礼拝に行く目的であると考えるクリスチャンは、福音派で82%に上る。
世界福音同盟の国際理事にイムマヌエル牧師の植木英次氏
世界福音同盟(WEA)は7月24日、国際理事会の新メンバー12人を発表し、日本人からイムマヌエル綜合伝道団・市川教会牧師の植木英次氏を選出した。植木氏は日本福音同盟(JEA)国際渉外室長、アジア福音同盟(AEA)の議長も務めている。
中国共産党がカトリック教会を破壊
中国・山東省の済南市郊外に位置する梁王カトリック教会が17日、70人以上の警察官と労働者によって破壊された。公認教会の破壊には、習近平国家主席によって推し進められている無神論化の動きが一段と先鋭化している中国共産党の姿が見て取れる。
聖心女子大学で「東アフリカ地域における難民・移住者」講演会 難民を助けるのはウルトラマンではなくドラえもん
「カリタス・ウガンダ講演会──東アフリカ地域における難民・移住者」(カリタス・ジャパン、聖心女子大学グローバル共生研究所共催)が6日、聖心女子大学で開催され、カリタス・ウガンダ責任者のフランシス・ンダミラさんが講演を行った。

各カテゴリーでいちばん読まれている記事の一覧

投稿日:2018年5月5日 更新日:

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.