広野真嗣著『消された信仰──「最後のかくれキリシタン」長崎・生月島の人々』(小学館)
世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」から黙殺された島があった。「生月島(いきつきしま)」。現在でも、かくれキリシタンは存在しているのに、「ほぼ消滅している」とされているのだ。第24回小学 ...
帯広の「女性入植者のさきがけ」渡辺カネの聖書など、浦幌町立博物館で初公開
浦幌(うらほろ)町立博物館(北海道十勝郡)は昨年12月末、帯広の「女性入植者のさきがけ」でクリスチャンの渡辺カネに関する未公開資料9点を初公開した。カネが横浜で入手した英語と日本語の聖書や、米国人宣教師ジョージ・ピアソンからのクリスマス・カードなどだ。
キリシタン大名・黒田官兵衛の神社が姫路に 「神器」は日本刀と十字架
黒田官兵衛とゆかりの深い広峯神社(兵庫県姫路市)の境内に「官兵衛神社」が建立される。神社の本殿裏に社殿を建て、8月下旬には完成の予定だ。官兵衛が軍師でありキリシタン大名でもあったことから、社殿に安置する「神器」に選ばれたのが日本刀と十字架。
長崎西高生考案の「キリシぱん」、長崎のローソンで限定発売
長崎県内のローソン各店で菓子パン「キリシぱん」が、22日から約1カ月間の予定で販売される。長崎県立長崎西高等学校の生徒とローソンが共同開発した。世界遺産である五島列島にちなみ、長崎の郷土菓子「かんころもち」などを包んで焼き上げられたもの。
肺腺がん手術の河村隆一さん、日本福音ルーテル広島教会などで「教会ツアー」
11日に肺腺(はいせん)がんの手術を受けた河村隆一さん(48)が21日、2月19日から始まる「教会ツアー」で復帰することを報告した。「教会は比較的に小さな会場が多いので、教会で唄う場合、大切なのは声量よりも声の明るさや硬質さです」とも綴(つづ)る。

各カテゴリーでいちばん読まれている記事の一覧

投稿日:

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.