NHK連続テレビ小説「エール」のキリスト教考証(4)薬師丸ひろ子さんなどにまつわる裏話 西原廉太(立教大学文学部長、立教学院副院長、キリスト教学校教育同盟理事長)
演技指導の際、薬師丸ひろ子さんと光石研さんと3人で出番を待つという時間を過ごしたのですが、その時に薬師丸さんは、「キリスト教のお祈りは、(自分が幼い頃に通っていた)日本基督教団・原宿教会付属原宿幼稚園 ...
NHK連続テレビ小説「エール」のキリスト教考証(3)父・安隆の死にまつわる裏話 西原廉太(立教大学文学部長、立教学院副院長、キリスト教学校教育同盟理事長)
1895年初版の『祈禱書』の祈りを、悲しみのうちに唱えた光子の、すべてを主にゆだねつつ、「肉体は滅んでも、安隆の魂は主と共に永遠である」という信仰が、「目には見えないけど、ずっとあなたたちのそばにいる」という言葉を生み出したといえます。
NHK連続テレビ小説「エール」のキリスト教考証(2)関内家と双浦環裏話 西原廉太(立教大学文学部長、立教学院副院長、キリスト教学校教育同盟理事長)
光石研さんや薬師丸ひろ子さん、本間叶愛さん、清水香帆さん、新津ちせさんに、十字の切り方やアーメンの唱え方などを演技指導させていただきました。「アーメンの語尾をあまり下げると『ラーメン』になっちゃうよ」などと冗談を言って楽しい収録でした。
NHK連続テレビ小説「エール」のキリスト教考証(1)聖歌隊裏話 西原廉太(立教大学文学部長、立教学院副院長、キリスト教学校教育同盟理事長)
タイトルバックでは、立教大学聖歌隊や私の名前がクレジットされました。実は私は、本ドラマの「キリスト教考証」者として、脚本・台本についてのアドバイス・検討・考証、また俳優さんたちへの演技指導などで協力させていただいたのです。
NHK連続テレビ小説「エール」とキリスト教(5)金須嘉之進と「シェヘラザード」
古関裕而(こせき・ゆうじ)は旧制福島商業学校(現・福島商業高等学校)を卒業後、伯父の経営する川俣銀行に就職していたが、そのころ仙台で音楽教育を行っていた金須嘉之進(きす・よしのしん)から和声の手ほどきを受けたという。金須は正教会の音楽家だ。

各カテゴリーでいちばん読まれている記事の一覧

投稿日:

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.