洗礼者ヨハネの首を願ったサロメから、聖母マリアまで「ギュスターヴ・モロー展──サロメと宿命の女たち」パナソニック汐留美術館で
洗礼者ヨハネの首の幻影がサロメの前に現れる「出現」や、聖母マリアが主題となった晩年の作品「神秘の花」などが見られる「ギュスターヴ・モロー展──サロメと宿命の女たち」がパナソニック汐留美術館(東京都港区 ...
箱舟の細部に至るまで精密に描写 マンガ絵本聖書ものがたり『ノアの箱舟』 パネル展も開催中
マンガ絵本聖書物語『ノアの箱舟』(日本キリスト教団出版局)のパネル展が19日から4月1日まで、教文館ギャラリーステラ(東京都中央区)で開催されている。『ノアの箱舟』は、聖書の言葉を忠実にたどりつつ、箱舟の細部に至るまで精密に描写されている。
ビリー・グラハム『天のふるさとに近づきつつ──人生・信仰・終活』(イーグレープ)
『一切なりゆき 樹木希林のことば』(文春新書)が一般社会では70万部を超えるほど読まれているが、日本のキリスト教界で「一切キリスト ビリー・グラハムのことば」ともいうべき本書も、現在、重刷の準備を始めているところだという。
久米小百合さんのキリスト教カウンセリング研究講演会「愚痴も悩みも歌にして……」
久米小百合さんのキリスト教カウンセリング研究講演会「愚痴(ぐち)も悩みも歌にして…」(主催:聖学院大学総合研究所)が1日、日本印刷会館(東京都中央区)で開催された。「久保田早紀」として活躍していた頃、洗礼を受けてクリスチャンとなったが……。
津和野・乙女峠の殉教者 「福者」認定に向けて本格調査へ
「山陰の小京都」と呼ばれる津和野(島根県)で殉教した37人が「福者」として認定されるための調査が始められた。その許可がローマ教皇庁からカトリック広島司教区(広島市)に届いたのだ。認められれば、明治以降に殉教した日本人では初めての福者となる。

各カテゴリーでいちばん読まれている記事の一覧

投稿日:

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.