「礼拝」 一覧

ルーテルが行うイースターヴィジルって何?
イースターヴィジルが日本ルーテル神学校と日本福音ルーテル三鷹教会、保谷教会の共催で、3月31日午後6時からルーテル学院大学チャペルで行われた。司式は河田優氏(ルーテル学院大学チャプレン)、説教は李明生氏(三鷹教会牧師、現田園調布教会)。 ヴ
コプト正教会は受難週間と復活大祭をどう過ごす?
日本唯一のコプト正教会である聖マリア・聖マルコ・日本コプト正教会(京都府木津川市)で4月7日から8日にかけての真夜中、復活大祭(パスハ)を祝った。 プロテスタントやカトリックではその前の週の4月1日がイースターだが、なぜ日にちが違うのだろう
ルーマニア正教会が徹夜で復活大祭
ルーマニア正教会の日本支部(東京都国立市)が4月7日の午後11時半から翌8日の午前4時ごろまで、復活大祭の奉神礼を執り行った。礼拝後、持ち寄りの食事会を開き、教会メンバーの手作りによるルーマニア料理が振る舞われた。 ただ、深夜に行われるため
 新着
2018.12.10
【CHRISTIANITY TODAY】クリスチャンは飲酒できるのか──プロテスタント教会出席者1000人の考え(対訳)
2018.12.09
神さまが共におられる神秘(29)稲川圭三
2018.12.09
日本聖書協会が記者会見 31年ぶりに『聖書協会共同訳』を発行 原典に忠実で、読者に分かりやすく
2018.12.08
聖書事業功労者賞は宮原守男氏、日本福音功労賞は吉持章、藤井圭子、星野富弘の3氏
2018.12.07
被爆体験を語り続けるのは道義的な責任 サーロー節子さん講演会
2018.12.06
童謡「サッちゃん」の作曲家、大中恩(めぐみ)さん召天
2018.12.06
キリスト生誕の博多人形、福岡のハンバーガー店で17年ぶり展示
2018.12.05
レーナ・マリア コンサートの夕べ in 常盤台 神様に愛されている喜びを
2018.12.04
【CHRISTIANITY TODAY】サンディ・パティを救ったバイブル・スタディー・フェローシップ(対訳)
2018.12.03
『聖書 聖書協会共同訳』が銀座・教文館などで発売開始
2018.12.03
【CHRISTIANITY TODAY】あなたの天職は一人では見つけられない(対訳)
2018.12.02
エホバの証人女性が襲われたグアテマラとは
2018.12.02
神さまが共におられる神秘(28)稲川圭三
2018.12.01
牧会あれこれ(3)賀来周一
2018.12.01
国会クリスマス晩餐会2018 中嶋常幸さん、スランプと祈りの中で見つけたもの

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

今週のテーマはいのちのみことば

わたしは自分では何もできない。ただ、父から聞くままに裁く。わたしの裁きは正しい。わたしは自分の意志ではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行おうとするからである。」

「もし、わたしが自分自身について証しをするなら、その証しは真実ではない。

わたしについて証しをなさる方は別におられる。そして、その方がわたしについてなさる証しは真実であることを、わたしは知っている。

あなたたちはヨハネのもとへ人を送ったが、彼は真理について証しをした。

わたしは、人間による証しは受けない。しかし、あなたたちが救われるために、これらのことを言っておく。

ヨハネは、燃えて輝くともし火であった。あなたたちは、しばらくの間その光のもとで喜び楽しもうとした。

しかし、わたしにはヨハネの証しにまさる証しがある。父がわたしに成し遂げるようにお与えになった業、つまり、わたしが行っている業そのものが、父がわたしをお遣わしになったことを証ししている。

また、わたしをお遣わしになった父が、わたしについて証しをしてくださる。あなたたちは、まだ父のお声を聞いたこともなければ、お姿を見たこともない。

また、あなたたちは、自分の内に父のお言葉をとどめていない。父がお遣わしになった者を、あなたたちは信じないからである。

あなたたちは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している。ところが、聖書はわたしについて証しをするものだ。

(ヨハネによる福音書 5:30-39)

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.