集会

バチカンでクリスマス・ツリー点灯式、砂のプレゼピオも
バチカンのサンピエトロ広場で7日、関係者や巡礼者らが見守る中、毎年恒例のクリスマス・ツリーの点灯式が行われた。また、同広場に11月下旬に運び込まれた720トンもの砂から、彫刻家グループによって制作された砂のプレゼピオもこの日、公開された。
「天に栄光、地には平和」 日本聖書協会クリスマス礼拝
日本聖書協会主催のクリスマス礼拝が6日、日本基督教団・銀座教会(東京都中央区)で開催された。その後、聖書事業功労者表彰が行われた。今年は、虎ノ門法律事務所代表(弁護士)で教文館会長の宮原守男(みやはら・もりお)氏(90)が表彰された。
被爆体験を語り続けるのは道義的な責任 サーロー節子さん講演会
サーロー節子さんによる講演会が4日、東京・六本木にある国際文化会館岩崎小彌太記念ホールで行われた。昨年、ノーベル平和賞を受賞した国際NGO「ICAN」(核兵器廃絶国際キャンペーン)の中心的貢献者であり、授賞式では被爆者として初めて演説した。
国会クリスマス晩餐会2018 中嶋常幸さん、スランプと祈りの中で見つけたもの
国会議員と共にクリスマスを祝う「国会クリスマス晩餐会2018」(主催:インターナショナルVIPクラブ)が26日、ホテル・ニューオータニ東京で開かれた。メイン・スピーカーはプロ・ゴルファーの中嶋常幸(なかじま・つねゆき)さん。
第2回日本青年伝道会議 テーマは「神の国マインドに生きる」(後編)
日本福音同盟(JEA)青年委員会が主催する「第2回日本青年伝道会議」(NSDⅡ)が22日から24日まで、お茶の水クリスチャン・センター(東京都千代田区)などを会場に開催された。「神の国マインドに生きる」をテーマに、中学生から社会人まで約58
第2回日本青年伝道会議 テーマは「神の国マインドに生きる」(前編)
日本福音同盟(JEA)青年委員会が主催する「第2回日本青年伝道会議」(NSDⅡ)が22日から24日まで、お茶の水クリスチャン・センター(東京都千代田区)などを会場に開催された。「神の国マインドに生きる」をテーマに、中学生から社会人まで約58
有名建築家が手がけた「近代モダニズム建築」日本基督教団・西条栄光教会の牧師館 完成見学会
日本基督教団・西条栄光教会(愛媛県西条市、古谷健司牧師)の67年前に建てられた牧師館を保存する改修工事が終わり、23、24両日に完成見学会が開かれる。有名な建築家が手がけた貴重な「近代モダニズム建築」を後世に残そうというプロジェクト第一弾。
宝の民が教会を成長させる 赤江弘之著『聖書信仰に基づく教会形成──西大寺キリスト教会の歩みを一例として』(ヨベル)
日本同盟基督教団・西大寺キリスト教会(岡山市)の主任牧師、赤江弘之氏(75)による新刊『聖書信仰に基づく教会形成──西大寺キリスト教会の歩みを一例として』(ヨベル)が刊行された。教会成長の軌跡を「恵みの終活」としてまとめたのが本書。
へりくだった「僕(しもべ)」としてのクリスチャン・リーダー
キリストはその働きの初めに荒れ野を通られた。キリストのリーダーシップは、十字架、荒れ野、ロバに象徴される。主イエス・キリストはへりくだり、そして僕たることを受け入れられた。キリストのリーダーシップは、この世界の支配者とは違っていたのだ。
2019年度「世界平和の日」のテーマは「平和に奉仕する良い政治」
全世界のカトリック教会では毎年1月1日を「世界平和の日」として、特別に平和のために祈るが、教皇フランシスコは7日、来年度「世界平和の日」のテーマを発表した。それは「平和に奉仕する良い政治」(仮訳)。
Loading...

投稿日:2018年5月5日 更新日:

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.