戦争は宗教の名のもとに行われてはならない 第10回世界宗教者平和会議

 

第10回世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)が20日〜23日にかけて、ドイツ南部リンダウ、ボーデン湖のほとりにある国際会議場「インゼルハレ」で開催された。ドイツでの世界大会開催は初めて。

開会式(写真:世界宗教者平和会議日本委員会)

13年にオースリア・ウィーンで開催されて以来6年ぶりとなる今大会では、125カ国から1000人を超える宗教者が集まった。日本からは、WCRP/RfP日本委員会の庭野日鑛(にわの・にちこう)会長(立正佼成会会長)や植松誠(うえまつ・まこと)理事長(日本聖公会首座主教)をはじめ40人が参加した。

大会のテーマは「悲しみの実践:共通の未来のために──つながりあういのち」。

開会式では、開催国であるドイツのフランク・ヴァルター・シュタインマイアー大統領が次のように緊急アピールを述べた。「宗教は平和のための道具です。そして、そうあらねばなりません。宗教がこれ以上、憎悪や暴力の正当化の原因とされてはなりません。いかなる戦争も宗教の名のもとに行われてはならないのです」

子どもたちによる諸宗教の祈りの後、コンスタンティノープル総主教ヴァルソロメオス1世をはじめ宗教指導者が、それぞれの信仰に基づいて、共に献身することへの誓いを呼びかけた。

分科会ではテーマごとに議論を深め、宗教別会合も持ちながら、全体会議で「つながりあういのち」を共通テーマに、最終日まで連日話し合われた。

大会2日目には、ナイジェリアのアブジャ教区大司教のジョン・オナイエケン枢機卿らが、ナイジェリアでの民族的・宗教的な緊張関係を緩和させるため、宗教者が推進している活動について報告した。その結果として、ボコ・ハラムによる拘束下にあるチボクの女子学生の解放という成果をもたらしたという。

ルイトポルト公園での平和の式典(写真:世界宗教者平和会議日本委員会)

また、7・5メートルの木製彫刻「リング・フォー・ピース(平和のための輪)」が発表され、ルイトイトポルト公園に設置された。この彫刻は、世界中から集められたさまざまな木材で構成され、連続性の象徴である「メビウスの環」を形作って、宗教間平和の永久的象徴を表している。

23日には、初めて女性の事務総長にアッザ・カラム氏(50)が選出された。94年から25年間、事務総長を務めたウィリアム・ベンドレイ氏の後を継ぐ。

カラム氏はエジプト・カイロ出身のオランダ人科学者で、アムステルダム自由大学で宗教・開発の教授を務め、国連人口基金(UNFPA)に上級アドバイザーとして勤務している。また、国連宗教・開発タスクフォース・コーディネーターとして、世界の600以上の宗教組織と共にグローバル諸宗教ネットワークを取りまとめるなど、90年代から数々の国際組織で能力を発揮してきた。

閉会式。女性初の新事務総長となったアッザ・カラム氏(写真:世界宗教者平和会議日本委員会)

80人のWCRP/RfP国際評議委員も新たに選ばれ、名誉会長には、「世界宗教・市民団体平和対話財団」の議長を務めるウォルフガング・シューラー氏が選出された。

閉会式では、今後への決意と今大会の成果である宣言文が採択された。その中で、今後も継続して平和教育を推進していくことを取り決め、子どもから大人まで和解のスキルを身につける重要性を確認した。

また、アマゾン川流域の熱帯雨林で発生している火災に注目が集まり、各宗教の代表者たちは、いのちの源である自然に目を向け、環境保護に尽力することを宣言した。

世界宗教者平和会議は、諸宗教間の対話と相互理解から生まれる英知を結集し、平和のための宗教協力を行うことを目的に1970年に設立された非政府組織(NGO)。略称はWCRP(World Religions for Peace)、RfP(Religions for Peace)。第1回世界大会は「進歩と調和」をテーマに、1970年に京都で開催された。以後、74年にベルギー、79年に米国、84年にケニア、89年にオーストラリア、94年にイタリア、99年にヨルダン、2006年に再び京都、13年にオーストリアで開かれてきた。

Share

Related Posts

  1. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】新型コロナ・ウイルスは中国の陰謀か(前編)

  2. 30年間続いた南北教会の「光復節共同祈祷文」 今年は実現しない? 2020年8月11日

  3. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】キリスト教出版不況の中で新しい希望を持ち続ける(前編)

  4. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ルワンダ虐殺から25年、赦しの火種を燃え上がらせた女性(前編)

  5. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】恐怖を起こす王冠(コロナ)と、愛を与える茨の冠──3人の医師の神学的考察(前編)

  6. 【YMCA】 世界YMCAによるパレスチナ自治区とイスラエルにおける紛争の即時解決に関する要請

  7. バチカン教理省は同性間のユニオン祝福の可能性に否定的

  8. 金正恩の死亡後の北朝鮮、そしてクリスチャン──北朝鮮の独裁者はどこに

  9. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】牧師の信じている8つの嘘(2)

  10. 「キリストの大使」としての人生 CBMC世界大会 近藤高史(日本CBMC理事)

  11. パンデミックに沈む街に差し込むイエスの光(2)

  12. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】女性は男性よりも多く聖書を読む。それはなぜか?バイブルスタディ関係者が語る理由 (2)

  13. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】2018年の聖書考古学上の発見トップ10(後編)

  14. バチカン、性的虐待対処の手引き発表=教皇が作成要請 2020年7月21日

  15. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ゴスペル歌手であり続けたアレサ・フランクリンの信仰

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。