北海道地震 苫小牧にいる大坂太郎牧師に聞く

 

最大震度7の揺れが6日未明、北海道を襲った。現在も大混乱する中、救援・復旧作業が進められている。震源地に近い苫小牧(とまこまい)市にある日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団・山手町教会牧師の大坂太郎(おおさか・たろう)さんに話を聞いた。

大坂太郎さん(自身のフェイスブックより)

──地震の瞬間、大坂先生はどうされていましたか。

早朝3時だったので寝ていたのですが、突然の大きな揺れで飛び起きたという感じでした。横揺れではなく、縦に激しく揺れたように思います。長い時間、おそらく数分単位で揺れたように感じました。私は東日本大震災を埼玉県で経験しましたが、揺れの大きさ、衝撃ともに、今まで経験したことのない大きなものでした。苫小牧市は震度5強ということでしたが、本当にびっくりしました。その後、余震は、大きいもので3、4回。報道によると、小さいものも含めて40回くらいあったようです。

教会の本棚(フェイスブックより)

──教会堂の被害はいかがですか。

建物は2008年に修繕したので、耐震補強ができていたようです。本棚から本が落ち、棚から物が落ちて割れてしまったといった程度。会堂が守られたのは感謝でした。

──ライフラインの復旧状況は?

私の住んでいるところは水道は大丈夫ですが、札幌市内や、震源地より遠くても断水しているところもあるようです。ガスは、プロパンが多いので、こちらも大丈夫です。ただ、電気はいまだに復旧していません(7日午前現在)。スマホの充電は車で済ませています。ただ、パソコンが使えないのは不便ですね。

(フェイスブックより)

停電のため、近所の商店は軒並みお休み。しかし、同じ市内でも電気が復旧しているところもあって、そこでは店も開いています。ただ、流通が混乱しているので、品薄です。当然、お弁当やおにぎりなどは売っていません。ガソリンスタンドは長蛇の列です。北海道は移動距離があるので、どこに行くにもガソリンが必要なのです。

(フェイスブックより)

──具体的な祈りの課題はありますか。

まずは人命救助が速やかに行われることですね。一人でも多くの命が助かってほしい。これがまず第一です。次にライフラインの復旧です。電気、水道の復旧が速やかに行われるように。必要なところに必要なものが届くよう、お祈りください。

Share

Related Posts

  1. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「喜びへの扉」「光の泉」

  2. キリスト教、仏教、神道が語る性と生 「宗教とエイズ」

  3. キリスト教主義大学(ミッションスクール)紹介(1) 編集部

  4. 【インタビュー】四谷新生幼稚園副園長・上瀧慶大さん(後編) 今まで「神様はいない」と園児が言うのを聞いたことがない

  5. オウム真理教、残る6人の死刑を執行 破壊的カルトへの処刑について山本光一牧師に聞く

  6. 2019年参院選② 自由民主党の歴代クリスチャン議員を振り返る

  7. 九州豪雨 カトリック福岡教区が「災害支援」特設サイトを開設 2020年7月14日

  8. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「こころの時代」「宗教の時間」

  9. 外キ協オンラインで全国集会 外国人留学生らの苦境も共有

  10. 3D聖書アニメ「スーパーブック」がテレビ放映中 ネットでも

  11. 第6回「9条世界宗教者会議」の意義 渡部信( NCC議長)

  12. 学術会議人事介入問題で映画人有志 神学者ニーメラーの言葉を引用して抗議 2020年10月5日

  13. 石破茂氏、「世界の指導者と平和を祈ることを諦めない」 第19回国家朝餐祈祷会

  14. 東京神学大学の継続教育、4月から開講 大学院の科目を開放

  15. 串本町長選に牧師の小野恵氏が出馬表明

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。