2019年参院選① 社会民主党の存続が問われる選挙

 

前身の日本社会党(社会党)時代から憲法9条を守る姿勢を訴え、護憲政党として知られる社会民主党(社民党)。現在、所属の国会議員は、衆議院議員に照屋寛徳(てるや・かんとく)氏(沖縄2区、6期)と吉川元(よしかわ・はじめ)氏(比例区〔大分2区〕、3期)、参議院議員に福島瑞穂(ふくしま・みずほ)氏(比例区、4期)、そして今回改選だが出馬しなかった又市征治(またいち・せいじ)党首(比例区、3期)の4人だけだ。

社民党本部が入っていた東京・永田町の「社会文化会館」。2013年に取り壊された。(写真:Lombroso)

第25回参院選(21日投開票)での立候補者は7人。吉田忠智(よしだ・ただとも)氏は、2010年の第22回参院選に比例区から立候補し、同党では福島氏に次ぐ2位の個人票を集めて初当選した。福島氏の後を受けて第4代党首を務めたが、16年の第24回参院選で落選。

比例区には他に仲村未央(なかむら・みお)氏、大椿裕子(おおつばき・ゆうこ)氏、矢野敦子(やの・あつこ)氏。東京選挙区に朝倉玲子(あさくら・れいこ)氏、神奈川選挙区に相原倫子(あいはら・りんこ)氏、愛知選挙区に平山良平(ひらやま・りょうへい)氏と、計7人が立候補している。男性二人に対して女性5人というのは、すべての政党の中で最も女性比率が高い(女性の立候補者が多いのは共産党22人、立憲民主党19人)。

今回の結果次第では、社民党は公職選挙法上の政党要件を失うおそれがある。国会議員5人以上か、直近の衆院選か参院選で、選挙区か比例代表の得票率2%以上のどちらかを満たさなければならないのだ。人数要件でクリアするには二人以上の当選が必要なので、ハードルが高い(又市氏の代わりに一人当選すれば現状維持)。そのため得票率でクリアできるかどうかが焦点だが、17年衆院選の比例得票率が1・69%だったので、今回の参院選でも2%を割れば「国政政党」返上となる。つまり有権者は、社民党に投票するかどうか、今回の参院選で問われることになる。

土井たか子氏(写真:Akira Kamikura)

前身の社会党は、1958年の衆院選で166議席を獲得するなど、自民党に次ぐ野党第1党だったが、徐々に議席を減らし、86年の衆院選では大敗を喫して100議席を割り込み、85議席に。続く90年の衆院選では土井たか子委員長(クリスチャンといわれる)の「おたかさんブーム」で51議席増の136議席を獲得したが、93年の衆院選ではまた70議席に。

96年に社民党に改称し、村山富市氏に代わって土井氏が党首に復帰したが、同年の衆院選では15議席で第5党に転落。2000年衆院選では19人が当選したが、03年の衆院選では6人に減り、土井氏は引責辞任。福島が第3代党首になったが、辻元清美氏や阿部知子氏など離党者も相次ぎ、10年以降の国政選挙での当選は2人以下にとどまっている。

2017年の衆院選では、日本基督教団・筑後福島教会で洗礼を受けた服部良一(はっとり・りょういち)氏(元)が大阪9区、日本基督教団無任所教師(牧師)の小糸健介(こいと・けんすけ)氏が東京21区から出馬したが、二人とも落選した。

片山哲氏(写真:朝日新聞社)

1945年に結成した社会党には、歴史的に有名なクリスチャンがいる。その初代委員長で第46代内閣総理大臣(1947~48年)の片山哲(かたやま・てつ、1887~1978年)は日本基督教団・富士見町教会に所属するクリスチャンだった。

河上丈太郎氏(写真:朝日新聞社)

また、「十字架委員長」と呼ばれた河上丈太郎(かわかみ・じょうたろう、1889~1965年)、その長男である河上民雄(かわかみ・たみお、1925~2012年)も同教団・銀座教会会員。河上民雄の秘書でその地盤を受け継いだ土肥隆一(どい・りゅういち、1939~2016年)は、東京神学大学出身の同教団・和田山地の塩伝道所の牧師だ。

左から二人目が賀川豊彦(写真:賀川豊彦記念・松沢資料館)

11代委員長の田邊誠(たなべ・まこと、1922~2005年)も日本基督教団・前橋教会のクリスチャン(父親は救世軍)。そして、「キリスト新聞」の創始者である賀川豊彦(1888~1960年)は社会党の結成に参画した。

Share

Related Posts

  1. JIFHが倉敷市真備町で現地教会と話し合い 岐阜にも

  2. マイノリティ宣教センターが入管法改悪に危機感 教会共同声明の賛同に58団体

  3. 【訃報】 佐藤東洋士さん(桜美林学園理事長・学園長、日本私立大学協会会長) 2020年10月18日

  4. 大嘗祭を前にキリスト教会代表が抗議 天皇の宗教行為に国が関与することは違憲

  5. 日本国際飢餓対策(JIFH)が現地入りへ 2018年7月豪雨

  6. 8月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「喜びへの扉」「光の泉」

  7. JOCSが初のオンライン活動報告会 開催できる教会を募集 2020年8月10日

  8. 阪神・淡路大震災から24年 関西学院大メモリアル・チャペル

  9. ノートルダム清心女子大 ブログで新型コロナウイルス感染防止を呼びかけ

  10. 教皇フランシスコ、長崎ミサと広島でのメッセージ 「声を発しても耳を貸してもらえない人々の声になりたい」

  11. 日本同盟基督教団 第70回教団総会で「即位の礼・大嘗祭に関する宣言」を決議

  12. 【速報】大阪で震度6弱の地震

  13. カトリック教会 改めて「核なき世界」への注力を訴え 2020年8月10日

  14. テレビ番組のアイヌ民族差別発言 日基教団北海教区が問題性を指摘

  15. 「国際女性デー」に世界教会協議会は礼拝、アジア・キリスト教協議会は声明

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。