2019年3月30日(使徒言行録 5:17-32)

今週のみことば「悔い改め」

そこで、大祭司とその仲間のサドカイ派の人々は皆立ち上がり、ねたみに燃えて、

使徒たちを捕らえて公の牢に入れた。

ところが、夜中に主の天使が牢の戸を開け、彼らを外に連れ出し、

「行って神殿の境内に立ち、この命の言葉を残らず民衆に告げなさい」と言った。

これを聞いた使徒たちは、夜明けごろ境内に入って教え始めた。一方、大祭司とその仲間が集まり、最高法院、すなわちイスラエルの子らの長老会全体を召集し、使徒たちを引き出すために、人を牢に差し向けた。

下役たちが行ってみると、使徒たちは牢にいなかった。彼らは戻って来て報告した。

「牢にはしっかり鍵がかかっていたうえに、戸の前には番兵が立っていました。ところが、開けてみると、中にはだれもいませんでした。」

この報告を聞いた神殿守衛長と祭司長たちは、どうなることかと、使徒たちのことで思い惑った。

そのとき、人が来て、「御覧ください。あなたがたが牢に入れた者たちが、境内にいて民衆に教えています」と告げた。

そこで、守衛長は下役を率いて出て行き、使徒たちを引き立てて来た。しかし、民衆に石を投げつけられるのを恐れて、手荒なことはしなかった。

彼らが使徒たちを引いて来て最高法院の中に立たせると、大祭司が尋問した。

「あの名によって教えてはならないと、厳しく命じておいたではないか。それなのに、お前たちはエルサレム中に自分の教えを広め、あの男の血を流した責任を我々に負わせようとしている。」

ペトロとほかの使徒たちは答えた。「人間に従うよりも、神に従わなくてはなりません。

わたしたちの先祖の神は、あなたがたが木につけて殺したイエスを復活させられました。

神はイスラエルを悔い改めさせ、その罪を赦すために、この方を導き手とし、救い主として、御自分の右に上げられました。

わたしたちはこの事実の証人であり、また、神が御自分に従う人々にお与えになった聖霊も、このことを証ししておられます。」

Share

Related Posts

None found

おすすめ