2019年7月2日(コリントの信徒への手紙一 14:13-19)

今週のみことば「教会の秩序」

だから、異言を語る者は、それを解釈できるように祈りなさい。

わたしが異言で祈る場合、それはわたしの霊が祈っているのですが、理性は実を結びません。

では、どうしたらよいのでしょうか。霊で祈り、理性でも祈ることにしましょう。霊で賛美し、理性でも賛美することにしましょう。

さもなければ、仮にあなたが霊で賛美の祈りを唱えても、教会に来て間もない人は、どうしてあなたの感謝に「アーメン」と言えるでしょうか。あなたが何を言っているのか、彼には分からないからです。

あなたが感謝するのは結構ですが、そのことで他の人が造り上げられるわけではありません。

わたしは、あなたがたのだれよりも多くの異言を語れることを、神に感謝します。

しかし、わたしは他の人たちをも教えるために、教会では異言で一万の言葉を語るより、理性によって五つの言葉を語る方をとります。

Share

Related Posts

None found

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。