• HOME
  • 記事
  • 2019年8月12日(エレミヤ書 8:8-15)

2019年8月12日(エレミヤ書 8:8-15)

今週のみことば「真の平和」

どうしてお前たちは言えようか。「我々は賢者といわれる者で
主の律法を持っている」と。まことに見よ、書記が偽る筆をもって書き
それを偽りとした。

賢者は恥を受け、打ちのめされ、捕らえられる。見よ、主の言葉を侮っていながら
どんな知恵を持っているというのか。

それゆえ、わたしは彼らの妻を他人に渡し
彼らの畑を征服する者に渡す。身分の低い者から高い者に至るまで
皆、利をむさぼり
預言者から祭司に至るまで皆、欺く。

彼らは、おとめなるわが民の破滅を
手軽に治療して
平和がないのに「平和、平和」と言う。

彼らは忌むべきことをして恥をさらした。しかも、恥ずかしいとは思わず
嘲られていることに気づかない。それゆえ、人々が倒れるとき、彼らも倒れ
彼らが罰せられるとき、彼らはつまずくと
主は言われる。

わたしは彼らを集めようとしたがと
主は言われる。ぶどうの木にぶどうはなく
いちじくの木にいちじくはない。葉はしおれ、わたしが与えたものは
彼らから失われていた。

何のために我々は座っているのか。集まって、城塞に逃れ、黙ってそこにいよう。我々の神、主が我々を黙らせ
毒の水を飲ませられる。我々が主に罪を犯したからだ。

平和を望んでも、幸いはなく
いやしのときを望んでも、見よ、恐怖のみ。

Share
関連記事

Related Posts

None found

おすすめ