2019年度「世界平和の日」のテーマは「平和に奉仕する良い政治」

 

全世界のカトリック教会では毎年1月1日を「世界平和の日」として、特別に平和のために祈るが、教皇フランシスコは7日、来年度「世界平和の日」のテーマを発表した。それは「平和に奉仕する良い政治」(仮訳)。

「世界平和の日」は、1968年、ベトナム戦争が激化する中で、教皇パウロ6世により制定されたもの。それをカトリック教会では今も受け継いで、新年にあたり、戦争や分裂、憎しみや飢餓などのない平和な世界が来るようにと、降誕したキリスト「平和の君」に平和を祈り求める。

教皇は毎年この日のためにメッセージを送ってきた。米国同時多発テロ事件(2001年)のあった翌年のテーマは「正義なしに平和はなく、ゆるしなしに正義はありません」、そして今年のテーマは、難民問題で揺れる世界の現状を踏まえて、「移住者と難民、それは平和を探し求める人々」だった。

現職者:フランシスコ(第266代)(写真:ウィキペディア)

バチカン広報部は以下のようなコメントを発表した(バチカンニュース)。

「政治的責任は、すべての市民に属するものです。特に、守り、統治する役割を負った人々の責任はなおさらです。

その使命は、権利を保護し、社会の成員・世代・文化間の対話を促進することにあります。

相互の信頼なしに、平和はありえません。信頼は、約束を尊重する上での第一の条件です。

政治活動は、カリタス(愛)の最も高度な表現の一つです。それは人々の命、地球、若者や子どもたちの未来を気にかけ、それを実現させることを熱心に目指すものです。

聖ヨハネ23世の回勅『地上に平和を』(1963年)に記されるように、人間がその権利を守られる時、その人の中に他人の権利を尊重する義務感が芽生えます。

人間の義務と権利は、自分が神と他の人々と共に、一つの共同体に帰属しているという意識を育てます。

それゆえに、私たちは、誰もがその尊厳と権利を尊重される、未来の良き知らせとして、平和を告げ、もたらすよう招かれています」

Share

Related Posts

  1. 日本初シェアハウス型難民シェルター「ジェラハウス」 トキワ荘のようにスーパースターを

  2. フランスの首切断事件から表現の自由を考える(2)

  3. テレビ番組のアイヌ民族差別発言 日基教団北海教区が問題性を指摘

  4. コロナ禍で来秋に延期 第59回聖書和訳頌徳碑記念式典

  5. 【5月31日まで】にじメディア、クラファンで協力を呼びかけ

  6. 日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団 新型コロナ・ウイルスに対するガイドラインを発表

  7. 7月のキリスト教テレビ・ラジオ案内「世の光」

  8. ローレンス・デ・ヴリースさんと月本昭男さん「聖書 聖書協会共同訳」発行記念公開講演

  9. 樋口進氏、「聖書協会共同訳」について語る(5)

  10. 関西キリスト災害ネットワーク 懇談会で地域との関わりなど協議 2020年7月21日

  11. 【インタビュー】青山学院院長の山本与志春さん 「地の塩、世の光」となるサーバント・リーダー育成を目指す(後編)

  12. クラスターの中で改めて考えた「共にに生きる」こと JOCS派遣ワーカー・雨宮春子さんの報告

  13. 【インタビュー】キリスト教学校教育同盟新理事長 西原廉太氏(後編)

  14. 小堀英郎ピアノ・チャリティー・コンサート 西日本豪雨被災者支援

  15. 2019年ニュース・ランキング(前編)

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。