教会 社会

2019年度「世界平和の日」のテーマは「平和に奉仕する良い政治」

投稿日:2018年11月8日 更新日: -

 

全世界のカトリック教会では毎年1月1日を「世界平和の日」として、特別に平和のために祈るが、教皇フランシスコは7日、来年度「世界平和の日」のテーマを発表した。それは「平和に奉仕する良い政治」(仮訳)。

「世界平和の日」は、1968年、ベトナム戦争が激化する中で、教皇パウロ6世により制定されたもの。それをカトリック教会では今も受け継いで、新年にあたり、戦争や分裂、憎しみや飢餓などのない平和な世界が来るようにと、降誕したキリスト「平和の君」に平和を祈り求める。

教皇は毎年この日のためにメッセージを送ってきた。米国同時多発テロ事件(2001年)のあった翌年のテーマは「正義なしに平和はなく、ゆるしなしに正義はありません」、そして今年のテーマは、難民問題で揺れる世界の現状を踏まえて、「移住者と難民、それは平和を探し求める人々」だった。

現職者:フランシスコ(第266代)(写真:ウィキペディア)

バチカン広報部は以下のようなコメントを発表した(バチカンニュース)。

「政治的責任は、すべての市民に属するものです。特に、守り、統治する役割を負った人々の責任はなおさらです。

その使命は、権利を保護し、社会の成員・世代・文化間の対話を促進することにあります。

相互の信頼なしに、平和はありえません。信頼は、約束を尊重する上での第一の条件です。

政治活動は、カリタス(愛)の最も高度な表現の一つです。それは人々の命、地球、若者や子どもたちの未来を気にかけ、それを実現させることを熱心に目指すものです。

聖ヨハネ23世の回勅『地上に平和を』(1963年)に記されるように、人間がその権利を守られる時、その人の中に他人の権利を尊重する義務感が芽生えます。

人間の義務と権利は、自分が神と他の人々と共に、一つの共同体に帰属しているという意識を育てます。

それゆえに、私たちは、誰もがその尊厳と権利を尊重される、未来の良き知らせとして、平和を告げ、もたらすよう招かれています」

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-教会, 社会
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.