2020年1月2日(内藤淳一郎『一日の発見』より)

 

「マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである」(マタイ1:21)

「マタイによる福音書」は、マリアによってキリストが生まれたと伝える。

キリストの処女降誕を聞いて、現代の人々は「そんなことはあり得ない」、あるいは「おとぎ話」と決め、気にも留めないかもしれない。しかし、世界の出来事は人間だけによって動かされているのではない。世界は神が支配し、神の霊が働いているのである。

マタイは主イエスの誕生を、「マリアに宿った子は聖霊の働きによる」(20節)と語る。それは、神の意思に背いている人類をその罪から救う神の出来事である。

神の意思は人間の良心に刻まれており、またモーセの律法を通して示されている。主イエスは神の意思を、「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛せよ。また隣人を自分のように愛せよ」と言った。

神はイエス・キリストを通して、私たちの罪を赦(ゆる)す救いを現された。私たちは神と向き合い、神の言葉を聞かなければならない。そうすれば、自分がいかに罪人であるかを知り、キリストによる罪の赦しを恵みとして受けるのである。聖霊は私たちに神の愛を確信させると同時に、私たちを神の御心(みこころ)に適(かな)う人間に造り変えてくださる。

Share

Related Posts

None found