その他

2020年1月15日「御心が行われますように」

投稿日:2020年1月15日 更新日: -

 

「御心が行われますように、天におけるように地の上にも」(マタイ6:10)

初代教会は信徒たちを「主の弟子」「主の僕(しもべ)」と呼んだ。主イエスを信じる者の立場が、「弟子」や「僕」という自己理解によく言い表されている。主イエスを信じるとは、自分の願いは置いて主人の命令に従う僕のように、主の御心を行う僕となることである。神の大きな恵みによって神の民とされた信徒は、神の恵みに応え、神の御心が行われることを願って神に仕える。

バプテスト教会のように「会衆主義」(ほかに監督主義、長老主義がある)の教会は、教会の宣教の働きを信徒たち全員で協議して決めるが、それは決して自分たちの願いを実現するためではない。神の民として共に神の御心を行うためである。それゆえに、常に神の言葉に聞き、神の御心を知ることが、神の民である前提である。

主イエスは「私が天から降って来たのは、自分の意志を行うためではなく、私をお遣わしになった方の御心を行うためである」(ヨハネ6:8)と言われた。その方が十字架の死を前にして、「父よ、できることなら、この杯を私から過ぎ去らせてください。しかし、私の望むようにではなく、御心のままに」(マタイ26:39)と祈った時、苦しみもだえ、汗が血の滴(したた)るように地面に落ちた。「私と父とは一つである」(ヨハネ10:30)と言われた主イエスが、父の御心を行うために、血の滴るような汗を流して祈られたのである。

ましてや私たちは、祈りなしに神の御心を行うことはできない。主イエスが「祈れ」と言って、今日の聖句を教えた理由がここにある。これは、「神が地の上に御心を行ってください」という祈りであるとともに、「私たちが御心を行えるよう助けてください」という祈りでもある。(内藤淳一郎『一日の発見』より)

クリスチャンプレス は、FELLOW WORKER(同労者)同士が手をつなぐために記事を配信しています。ぜひシェアしてご活用ください。
Tweet 20
神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-その他
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.