その他

2020年1月24日「私は望む。清くなれ」

投稿日: -

 

イエスが手を差し伸べてその人に触れ、「私は望む。清くなれ」と言われると、たちまち規定の病は清められた。(マタイ8:3)

主イエスが山から下りられると、規定の病を患っている人が近寄ってきた。当時、規定の病を患っている人は、神に呪(のろ)われた者として町の外に隔離され、律法によって人々に近づくことを禁じられた。だからその人は、ユダヤ社会の厳しい律法を破り、石打ち刑の危険さえ覚悟していたのである。彼をしてこのような冒険をさせたのは、「悲惨な状況から救われたい」という切なる願いと、主イエスに対する絶大な信頼であった。

彼は、「主よ、お望みならば、私を清くすることがおできになります」と言った(2節)。望まれれば、そのとおりにする力のある方、神と等しい方であると、彼は主イエスを信じた。そして、主の自由な意思を尊重して、「お望みならば」と謙遜(けんそん)に言い、かつ大胆に願った。この病人から私たちは、主に対する謙遜と大胆さを学ぶ。

主イエスは、「私は望む。清くなれ」と言って、手を差し伸べ、その体に触れて彼を癒やした。規定の病を患って社会から差別され、締め出されていた人を癒やすことは、主の望みであった。

主イエスは、病人の苦しみと悲しみに深く共感し、これを担われる救い主である。旧約の預言者イザヤは、神が世に遣わされる救い主、メシアを指して、「彼が担ったのは私たちの病、彼が負ったのは私たちの痛みであった」(イザヤ53:4)と預言した。主イエスは人々の患いをその体に負い、その悲しみを担うために、人の体を持つ方として世に来られた。謙遜と大胆さをもって主に近づき、その御子に触れていただく者は、罪と患いを癒やされて、神の恵みの中で生きる者とされる。(内藤淳一郎『一日の発見』より)

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-その他
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.