1月28日「新しいぶどう酒は、新しい革袋に」

新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるものだ(マタイ9:17)

宗教には、救いの内容や信仰を表現する礼拝儀式や宗教行為がある。しかしそれは、ともすると形式や習慣に陥りやすい。しかも、それらが喜ばしいものでなく義務となり、その義務を果たさない者を非難する宗教ならば、その宗教はいのちを失っていると言うほかない。

ファリサイ派の人々が主イエスに「私たちは断食しているのに、なぜあなたの弟子たちは断食しないのか」と非難したとき、主は、「花婿が一緒にいる間、婚礼の客はどうして悲しんだりできるだろうか」と言われた。つまり、花婿(イエス)と一緒にいる婚礼の客(弟子たち)としてふさわしいのは喜びであって、断食ではないということである。そして、主イエスと一緒にいることを、発酵力のある新しいぶどう酒にたとえて語った。

花婿である主イエスと一緒にいるという神の国の福音は、喜びに溢(あふ)れたものであり、形式や習慣という古い革袋に入れることはできない。それは新しい革袋を必要とする。福音は単なる教えではない。インマヌエル、「神は我々と共におられる」(1:23)という喜ばしい事実である。この世にはさまざまな試練があり、自分の弱さや不運に泣くこともあるが、福音は、それらによっても失われない喜びを告げる。私たちは、神の子イエスによって一切の罪を赦(ゆる)され、過去のしがらみから解放され、神に希望を置いて生きる者とされた。この喜びを表す革袋が、形式や習慣であるはずがない。私たちが守る礼拝も、決して義務的な形式や習慣ではなく、婚礼に招かれた者たちが喜び祝うように、インマヌエルの事実をいつも新たな思いで受けて、神を喜び祝うのである。

Share

Related Posts

None found

  1. 【今日は何の日】1989年11月5日 雨の中嶋伝説

  2. クラファン応援!限定公開【大頭眞一の「焚き火」日記】 石川ヨナ之巻(4) 2020年10月21日

  3. 8月9日は長崎原爆の日

  4. 11月25日はジェームズ・ガーディナーの召天日

  5. 名横綱谷風を負かしたのは風邪でした

  6. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第9回 伊達巻 齋藤篤

  7. 【日本人のみたキリスト教「今昔」】第6回 「大衆の要求に応えよ」宗教学者・村上重良 2020年10月1日

  8. 1月5日「神の口から出る一つ一つの言葉によって生きる」

  9. 9月29日は八代学院の創立記念日

  10. 神さまが共におられる神秘(79)稲川圭三

  11. キリストの弟子たち(1)ペトロ(12使徒) 編集部

  12. 2020年11月5日「わたしが与える水を飲む者は」

  13. 【今日は何の日】1920年8月19日 ジョージ・パターソン宣教師の誕生日

  14. 2020年9月3日「わたしの血による新しい契約」

  15. 7月2日は救世軍の創立記念日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。