1月30日「蛇のように賢く、鳩のように無垢で」

あなたがたは蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさい。(マタイ10:16)

「蛇のような賢さ」とは、重要なことを判別する知恵である。「鳩のような素直さ」とは、優しさである。ただ、優しさだけでは感情に流され、賢さだけでは裁くだけになってしまうから、主イエスは両方を求められる。主イエスは、「お前がユダヤ人の王なのか」と問う総督ピラトに対して、「あなたは自分の考えで、そう言うのですか。それとも、ほかの者が私について、あなたにそう言ったのですか」(ヨハネ18:34)と言って、他人の言葉でなく、自分自身で判断するよう求めた。判別する知恵は、自分で考えることから生まれる。考えさせないで画一的な知識を教え込み、画一的に評価する教育は、はみ出た者を差別する人間を生む。私たちを差別や偏見から解放するのは、自分で考えて判別する賢さである。

いつの時代も、人の弱みにつけ込んで不安を煽(あお)り、金銭を巻き上げる詐欺(さぎ)まがいの宗教や、若者を洗脳し、教祖に盲従するカルト宗教が出てきて、社会を騒がせる。外部から隔離して、一方的な情報を叩(たた)き込み、冷静に考えて選び取らせない点は共通している。主イエスは人々に対して大切な価値観や救いを説くが、人々が自らの意思で選び取る自由を大切にする。主イエスはご自身を「真理である」と言い(ヨハネ14:6)、「真理はあなたがたを自由にする」と言う(同8:32)。私たちはこの真理に堅く立つことによって、世のさまざまなとらわれから解放され、物事を自由に判別する蛇のような賢さと、鳩のような優しさを養われるのである。「私は、こう祈ります。知る力と見抜く力とを身に着けて、あなたがたの愛がますます豊かになり、本当に重要なことを見分けられるように」(フィリピ1:9~10)

Share

Related Posts

None found

  1. 「エッセイ」の語源を作った世界最初のエッセイスト 

  2. 2020年10月4日「恐れるな。語り続けよ。」

  3. 2020年12月16日「成し遂げられた」

  4. 神さまが共におられる神秘(17)稲川圭三

  5. 【クリスチャンな日々】第19回 「自分が正しい」は遠浅の海 MARO

  6. 3月10日「記念として語り伝えられるだろう」

  7. 【くめさゆりのDAY BY DAY】第6回 聖書的エステティック? 久米小百合

  8. 10月15日は金城学院の創立記念日

  9. 信仰を封印して、神に創られた人間の愛おしさを描く 下田ひとみ『落ち葉シティ2』

  10. 「禁酒法の母」は、アメリカの金太郎?

  11. 【東アジアのリアル】 台湾の「韓国教会」と〈はざま〉に生きた人たち 天江喜久

  12. 牧会あれこれ(11)賀来周一

  13. 8月24日は瀧廉太郎の誕生日

  14. 2020年10月16日「キリストは私たちの平和」

  15. 【発達障害クリスチャンのつぶやき】 はじめて聖書を読むかたへ(3)読む時の注意点

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。