その他

2020年1月31日「私が来たのは、剣をもたらすため」

投稿日: -

 

「私が来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ」(マタイ10:34)

日本人は「和をもって尊(とうと)しとなす」と言って、和を大事にしてきた。稲作国の日本は、氏神(うじがみ)を結合の中心として、村民が同一歩調をとり、和を乱す者、よそ者を排斥(はいせき)した。

また「長いものには巻かれろ」とは、村落共同体で生きる昔の人々の知恵であった。家では、家長である夫や父に服従することで和を守り、家と違う信仰を持てば勘当(かんどう)であった。

そして戦前、戦中、日本は天皇を国民統合の親とする国体を説き、これに背(そむ)く思想や信仰を持つ国民を弾圧した。この日本流の和は、異なる者を排斥し、その人権を奪う偽りの平和であった。このような偽りの平和が、今日も私たちの社会にないであろうか。

主イエスの言葉は、鋭い剣のように偽りの平和をえぐりだす。「私よりも父や母を愛する者は、私にふさわしくない」(37節)と言って、家族との関係や人との関係よりも、ご自身との関係を優先することを求める。

しかし主は、家族や社会との関係を否定しているのではない。神との正しい関係を確立することなしに、家庭においても社会においても真の平和は実現しない。それゆえに主は、「まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものはみな添えて与えられる」(マタイ6:33)と言うのである。

私たちは主イエスによって神との正しい関係に入れられ、神のいつくしみと正義のうちに生きる時、理不尽な束縛や圧迫から自由にされた自立した人間とされ、人との正しい関係を築くことができるようになる。「主は平和を語られる。その民に、忠実な人たちに。彼らが愚かさに戻らないように」(詩編85:9)。(内藤淳一郎『一日の発見』より)

ご愛読、ありがとうございました。2月からはまた「今日の聖句」が始まります。

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-その他
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.