【今日の聖書】8月25日 ローマの信徒への手紙 14章7〜10節

今週のみことば「必ずいます神」

私たちは誰一人、自分のために生きる人はなく、自分のために死ぬ人もいません。

生きるとすれば主のために生き、死ぬとすれば主のために死ぬのです。従って、生きるにしても、死ぬにしても、私たちは主のものです。

キリストが死に、そして生きたのは、死んだ人にも生きている人にも主となられるためです。

それなのに、なぜあなたは、きょうだいを裁くのですか。また、なぜ、きょうだいを軽んじるのですか。私たちは皆、神の裁きの座の前に立つのです。

 

※聖書の引用は新しい「聖書協会共同訳」を使っています。

日本聖書協会おすすめ聖書特集

Share
関連記事

Related Posts

None found

おすすめ