【今日の聖書】1月23日 イザヤ書 6章1〜13節

今週のみことば2021.1

ウジヤ王が死んだ年、私は、高く上げられた玉座に主が座っておられるのを見た。その衣の裾は聖所を満たしていた。

上の方にはセラフィムが控えていて、それぞれ六つの翼を持ち、二つの翼で顔を覆い、二つの翼で足を覆い、二つの翼で飛んでいた。

そして互いに呼び交わして言った。
「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな
万軍の主。
その栄光は全地に満ちる。」

その呼びかける声によって敷居の基が揺れ動き、神殿は煙で満ちた。

私は言った。
「ああ、災いだ。
私は汚れた唇の者
私は汚れた唇の民の中に住んでいる者。
しかも、私の目は
王である万軍の主を見てしまったのだ。」

すると、セラフィムの一人が私のところに飛んで来た。その手には祭壇の上から火箸で取った炭火があった。

彼はそれを私の口に触れさせ、言った。
「見よ、これがあなたの唇に触れたので
過ちは取り去られ、罪は覆われた。」

その時、私は主の声を聞いた。
「誰を遣わそうか。
誰が私たちのために行ってくれるだろうか。」
私は言った。
「ここに私がおります。
私を遣わしてください。」

主は言われた。
「行って、この民に語りなさい。
『よく聞け、しかし、悟ってはならない。
よく見よ、しかし、理解してはならない』と。

この民の心を鈍くし
耳を遠くし、目を閉ざしなさい。
目で見ず、耳で聞かず、心で悟らず
立ち帰って癒やされることのないように。」

私は言った。
「主よ、いつまでですか。」
主は言われた。
「町が荒れ果て、住む者がいなくなり
家には人が絶え
その土地が荒れ果てて崩れ去る時まで。」

主は人を遠くに移し
見捨てられた所がその地に増える。

その中の十分の一は残るが
これも荒れるに任せられる。
切り倒されても切り株が残る
テレビンの木や樫の木のように
聖なる子孫が切り株となって残る。

 

※聖書の引用は新しい「聖書協会共同訳」を使っています。

日本聖書協会おすすめ聖書特集

Share
関連記事

Related Posts

None found

おすすめ