「つながり」を力に 第2回たらんとフェスティバル

 

「たらんとフェスティバル」が9月16日、三鷹産業プラザ(東京都三鷹市)で開催された。2015年の第1回に続き2回目となる。

主催した「はこぶね便」事務局は、「クリスチャンのつながりは力になる」を合言葉に、聖書にまつわる小物を手作りして販売するクリエイターや教会関係者が営む店舗などのネットワーク化にこれまで取り組んできた。当日は全国から26の出店者が展示・販売用のブースを並べ、悪天候にもかかわらず延べ350人を超える信徒らが来場した。スタンプ・ラリーや腕相撲コーナーなど、子ども向けのプログラムも多数用意されており、親子連れの来場も目立った。

「はこぶね便」は、キリスト教系の団体や企業、教会が発行している印刷物を、全国の諸教会に低コスト(1通12円)で一括郵送できるサービス。仕分け業務を福祉作業所などと提携することにより、2012年から始められた。ほかにも、クリスチャンの「ものづくり」を応援できるギフト・カタログ「たらんと」の販売も手がける。

会場となった一室には、色とりどりのアクセサリーや聖書カバー、CD、ハンドメイド雑貨、革細工、焼き菓子などが所狭しと並べられており、そこで来場者と出店者が熱心に対話しながら、購入したり体験したりする姿が見られた。出店者の約半数がこのようなイベントへの参加は初めてで、ネット通販では得られないリアルな「つながり」に手応えを感じていたようだ。

ステージでは、「はこぶね便」のコンセプトを歌にしたテーマソングのお披露目や、クリスチャン整体師の津島ちひろさんによる体操指導、カメラマンである松山歓己さんと角谷隼人さんによるワークショップも行われた。

子どもと腕相撲をする上原雄平さん

「はこぶね便」を運営する有限会社トップ・スペース代表の上原雄平(うえはら・ゆうへい)さん(新生キリスト教会連合・キリストの栄光教会員)は、次のように意気込みを語った。

「個々人の賜物(タラント)は小さくても、それらが集まることで大きな力になるという『はこぶね便』のモットーが体現できた。既成の枠を越えた新しいチャレンジをこれからも続けていきたい」(「キリスト新聞」との共同取材)

Share

Related Posts

  1. 国家間の緊張関係の中での「和解」 KGKがホストしたIFES東アジア地区の卒業生会大会(EAGC)

  2. 「私は貧しくなるために生まれてきたのではない」TOKYO WORLD FOOD DAY+GOSPEL

  3. 変革を起こすため、自分に何ができるか ゴスペルで盛り上がった世界食料デー東京大会

  4. 「闇の中も、不思議な導きをもって導かれる」 日本聖書協会クリスマス礼拝

  5. 樋野興夫氏「がん哲学外来」講演 日本基督教団・横浜磯子教会で

  6. 浅野淳博さん「新しいパウロの視点で分断の時代を癒やしていく」 第39回キリスト教文化講演会

  7. 岩本潤一さん「聖書 聖書協会共同訳」を語る 東京YMCA午餐会

  8. 「新しい扉が開く」 ジーザス・レインズ・ジャパン

  9. 淀橋教会サマー・ホーリー・フェスタに元AKB48の竹内美宥さん「神の存在を意識するだけで救われてきた」

  10. 国会クリスマス晩餐会2018 中嶋常幸さん、スランプと祈りの中で見つけたもの

  11. 香山リカさん講演会「迷える時代を生きる──精神科医として、求道者として」

  12. ナイトdeライトな1日 J+Passion Tokyo2019 テーマは「僕らは教会人」(前編)

  13. 「天に栄光、地には平和」 日本聖書協会クリスマス礼拝

  14. 防災フェスタ2018 災害に備えて超教派で教会ネットワークを

  15. クリスマス見本市&キリスト教ブックフェア 片柳神父が本屋大賞を受賞

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。