世界一、むき出しで無邪気で重たい祈り「ベンツが欲しい」

おはようございます。
今日もクリスチャンプレスをご覧いただきありがとうございます。

◆1943年1月19日 ジャニス・ジョプリンの誕生日

ジャニス・ジョプリンはアメリカのロック/ブルースの歌手で、1969年のウッドストックで伝説的なパフォーマンスを披露し世界的な注目を集めましたが、翌年1970年10月4日に突然、27歳でこの世を去りました。

彼女の代表曲の一つが『ベンツが欲しい』です。この曲がレコーディングされたのは1970年の10月1日、つまり死の3日前で、この歌が彼女の残した最後の歌になりました。まだ正式なレコーディングではなく、伴奏のつかないア・カペラでの仮歌でしたが、死後発売されたアルバム『パール』には、そのままの状態で収録されています。

その歌詞を訳すと「ねえ、神様。私にベンツを買って。カラーテレビも買って。夜の街を一晩まるごと買って」と、神様に無邪気なおねだりをする内容です。ですがそこには「これだけ一生懸命にやってるのに誰も助けてくれない」とか「神様、私をがっかりさせないで」とか、まるでダビデが詩篇で神様に対して祈ったような嘆きも含まれています。

ジャニスが敬虔なクリスチャンだったという話は聞きません。むしろアルコールとタバコとドラッグに囲まれた生活を送った彼女は、一般的なクリスチャンのイメージとは正反対かもしれません。それでも彼女のむき出しの叫びには無邪気な中にもしっかりと重たい祈りが含まれていたと思うと、クリスチャンじゃなくたって、敬虔じゃなくたって、清く正しくなくたって、誰もが神様に叫んでいいのだと、思わされます。

今夜はジャニスの愛した「サザン・コンフォート」で晩酌しようかと思います。

それではまた明日。

Share

おすすめ