名誉教皇ベネディクト16世の兄G・ラッツィンガー神父死去 2020年7月6日

キリスト新聞社ホームページ

 名誉教皇ベネディクト16世の兄、ゲオルグ・ラッツィンガー神父(96)が7月1日、ドイツ南部バイエルン州レーゲンスブルクで死去した。ベネディクト16世は6月18日、兄ゲオルグ神父の病状悪化に伴い、見舞いのため緊急にレーゲンスブルクを訪問、22日まで現地に滞在した。

 ゲオルグ神父は、1924年1月15日、バイエルン州プライスキルヒェンに生まれ。11歳の時から、小教区の教会でオルガンを弾き始めた。42年、国家労働奉仕団に徴員、その後、国防軍に徴兵された。45年、連合軍の捕虜となり、ナポリに数カ月収容された後、解放された。47年、弟ヨゼフと共に、ミュンヘンのヘルツォークリッヒェス・ゲオルジャーヌム神学院に入り、51年6月29日、兄弟そろって、フライジング大聖堂で、ミヒャエル・フォン・ファウルハーバー枢機卿により、司祭に叙階された。

 ゲオルグ神父は2005年4月、弟が教皇に選出された時、「正直言って、このような結果になるとは思っていませんでした。自分としては少し気落ちしました。教皇としての重大な責務を思えば、わたしたちの交流もかなり縮小されるでしょう。しかし、いずれにしても、枢機卿の方々の人間的な判断の背後には、神の御旨があります。これをわたしたちは受け入れなくてはなりません」と語っている。

 また2011年、ある雑誌のインタビューで、ゲオルグ神父は「体力的にこれ以上は無理であるところまで来たら、弟は引退する勇気を持っているはずです」と語っていたが、ベネディクト16世が高齢を理由とする歴史的な引退宣言がなされる数カ月前、ゲオルグ神父は、その決意を聞いた1人となった。

 ゲオルグ神父は、目と脚の不自由をおして、レーゲンスブルクとローマを往復し、ベネディクト16世が引退後に生活するマーテル・エクレジエ修道院をしばしば訪ねていた。(CJC)

By Ricardo.ciccone – Own work, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=35018531

Share

Related Posts

None found

  1. カトリック大阪大司教区、京都教区はミサを中止 広島教区、高松教区の新型コロナ・ウイルスへの対応

  2. 【インタビュー】ICU学長・岩切正一郎さん(3)キリスト教ではなく、キリストそのものを信じることで一致していく

  3. 社会的課題としての自殺 仕組み作りで防ぐ 奥田知志(抱樸理事長)×清水康之(ライフリンク代表)対談 2020年10月11日

  4. 【特集】東京基督教大学学長・山口陽一さん 時代に適応しながら、変わらない聖書信仰を

  5. 11月1日は、上智大学、明治学院大学、聖学院大学、名古屋柳城短期大学、大阪キリスト教短期大学の創立記念日

  6. カトリック東京大司教区、21日から公開ミサを再開 入堂人数の制限と高齢者などの自宅待機の条件のもと

  7. 東洋英和女学院の記者会見の詳細 院長の深井智朗氏が懲戒解雇になった理由(後編)

  8. 【空想神学読本】 「スター・ウォーズ」シリーズ 星を駆ける孤児(みなしご) Ministry 2020年6月・第45号

  9. 入管法改悪に抗議 キリスト者も連帯の〝シットイン〟 「人道に反する問題」

  10. 墓地の心配から解放されてほしい【インタビュー】エレクシアサポート代表 榊哲夫さん(前編)

  11. クリスマスイブ、オンラインで燭火礼拝を体験してみませんか?

  12. 作曲家の服部克久さん死去、83歳 「手塚治虫の旧約聖書物語」の音楽も

  13. カトリック大阪大司教区と名古屋教区、公開ミサを再開 「緊急事態宣言」解除を受けて

  14. 求められる「新しい信仰様式」 上智大同窓会企画 神父2人がオンラインで対談 片柳弘史×晴佐久昌英 2020年7月1日

  15. カトリック新潟教区、聖週間の典礼は非公開 4月1日以降も20人を超える公開ミサを中止

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。