香港 親中派メディアが「香港2020福音宣言」を批判 2020年7月15日

キリスト新聞社ホームページ

 香港国家安全維持法の施行後、キリスト教界に対する圧力も強まっている。7月7日、香港の左派系(親中派)新聞の「大公報」と「文匯報」は、香港牧師・教職者ネットワークが発表した「香港2020福音宣言」を取り上げ、同宣言が「信仰を持つ人々を洗脳し、国家分裂を策動するよう意図している」と指摘し、袁天佑、邢福増、陳恩明など宣言の起草者たちを名指しで批判している。両紙は、同宣言のPR動画で昨年の逃亡犯条例改正案反対のデモの場面や、「香港を取り戻せ、時代の革命だ」と書いた旗が登場することに触れ、それが国家安全維持法に違反している疑いがあると報じている。その後、同ネットワークは当該動画を削除した。

 両紙は「バルメン宣言になぞらえて書かれた『香港2020福音宣言』の背後には、政権転覆の意図がある」と指摘し、同ネットワークを牽制している。また「大公報」は、国家全国香港・マカオ研究会副会長・劉兆佳と著名な弁護士・清洪の見解として、「宣言が香港国家安全維持法に抵触する恐れがあり、宣言の動画作成に携わった関係者は、有罪が確定した場合、懲役3年から10年の判決となる可能性がある」とも報じている。

 宣言の起草に中心的に関わった王少勇牧師は、香港のキリスト教メディア「時代論壇」(7月3日付)のインタビューの中で、「〔香港2020〕福音宣言はローザンヌ誓約の福音解釈を継承しており、全包括的な信仰の道筋を描くことを願っていたのであり、決して政治的な宣言ではなく、全体主義政権に対抗するバルメン宣言の特色は受け継いでいない」と語っているが、これによって当局の批判をかわすことは困難なようだ。(報告=松谷曄介)

Share

Related Posts

  1. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】とらえどころのない存在④ 教会の目的は、世界をより良い場所にすること?(後編)

  2. 米カリフォルニア州、感染者が出ているキリスト教会の再開を許可

  3. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】世界中に響く「祝福」:100の聖歌隊が広げる賛美の輪 – パンデミックの中、馴染みのある祝祷をモチーフにした賛美が人気沸騰

  4. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】2018年の聖書考古学上の発見トップ10(後編)

  5. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】クリスチャンは飲酒できるのか──プロテスタント教会出席者1000人の考え(対訳)

  6. 教会で最も大事なのは「メッセージ」──ギャロップ調査で明らかに

  7. 豪シドニーで新型コロナ感染拡大、制限厳格化へ 2020年12月22日

  8. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】合同メソジスト教会 同性婚などを認めず、伝統的な結婚を守ることを決定(対訳)

  9. 高齢の修道女13人が新型コロナで死亡 米ミシガン州の修道院 2020年7月22日

  10. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】牧師の誘惑──罪は目に見えるが、その根は見えない(対訳)

  11. 米で聖書のポッドキャスト番組がダウンロード数1位に

  12. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】南部バプテスト連盟は性的虐待の危機に立ち向かう(対訳)

  13. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】礼拝をやめるべきか、やるべきか──全米福音同盟会長と「クリスチャニティー・トゥデイ」最高責任者の声明(後編)

  14. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ゴスペル歌手であり続けたアレサ・フランクリンの信仰

  15. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】今回の大統領選における福音派のトランプ支持は前回よりも厚い ―― 「祈り・賛美・愛国心」を掲げた集会で見えてきたもう一つの注目点 (1)

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。