【訃報】 J.I.パッカーさん(神学者)

キリスト新聞社ホームページ

 7月17日、逝去。93歳。

 1926年、イギリス・グロスタシャー生まれ。オクスフォード大学で博士号取得。在学中はC.S,ルイスの講義にも出席していた。バーミンガム郊外で牧師として三年勤務。その後、オクスフォード大学、リージェントカレッジなど、イギリスやカナダなど、英語圏で広く知られていた。聖公会・低教会運動、また改革派教会の伝統の影響下にある様々な教会において、指導者としてみなされていた。

 ジョン・ストット、マーティン・ロイド・ジョーンズと並んで、最も影響力のある指導者として知られていた。ミリオンセラーとなった『神について』(山口昇訳、いのちのことば社、1978年)など邦訳もあり、神学教育において、大きな足跡を残した。

Share

Related Posts

None found

  1. 教会でのイベントによって新型コロナ・ウイルスがフランス全土に拡散した可能性──牧師とその家族が感染

  2. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】エリック・クラプトン──主の臨在の中で(対訳)

  3. バイデン米大統領 イースター・メッセージで国民にワクチン接種促す

  4. ドイツ極右政党の躍進でメルケル首相後継者が辞意

  5. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】牧師の信じている8つの嘘(4)

  6. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】教会での礼拝再開に向けた安全策──段階的に対策を移行させよう(後編)

  7. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】リモートで教える──イエスに学ぶ4つの秘訣(対訳)

  8. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】世界中に響く「祝福」:100の聖歌隊が広げる賛美の輪 – パンデミックの中、馴染みのある祝祷をモチーフにした賛美が人気沸騰

  9. 【CHRISTIANITY TODAY社説】遅すぎた正義──教会が人種差別の償いをする時が来た(前編)

  10. 韓国のコロナ新規感染者がソウルなど首都圏で急増 文大統領、反政権集会を「不法」と非難 2020年8月17日

  11. WCCアブオム議長ら 〝深刻な危機〟に教会の役割振り返る 2020年11月11日

  12. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】米国最大のクリスチャン小売チェーン、ライフウェイが全170書店を閉鎖、オンライン販売に転換

  13. 新回勅は「兄弟愛は真の連帯を築くもの」とパロリン枢機卿 2020年10月11日

  14. ベイルート大爆発 現地教会も被害多数 2020年8月6日

  15. 教皇フランシスコの日本訪問の最新スケジュール発表

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。