仏ナントの大聖堂で火災 放火の疑いで捜査開始 2020年7月21日

キリスト新聞社ホームページ

 フランス西部ナントの大聖堂内で7月18日、火災が発生し、ステンドグラスの窓やパイプオルガンなどが焼失した。午前8時前に、サンピエール・サンポール大聖堂で火災が発生したとの通報があり、消防隊員100人前後が出動した。消防本部長は、2時間後に消防隊が火の勢いを食い止めたと説明している。

 「別々の3カ所から出火したのが分かれば、放火の疑いがあるとして捜査開始は当然の判断だ」と捜査当局。国家警察も捜査に加わると話している。火災により大聖堂の名物だった17世紀のオルガンなどの貴重な品々が全焼したが、消防本部長は、パリのノートルダム大聖堂で昨年起きた火災ほどの被害は出なかったと述べた。

 15世紀から19世紀にわたって建設されたゴシック様式の建物は、1972年に火災が発生。屋根の修復に13年以上かかっている。その工事では、屋根に木材ではなく鉄筋コンクリートが使われたという。

 ナント教区は7月18日の声明で、火災で 「ロワール=アトランティック県」の信徒が大きな悲しみに陥っている、として「大聖堂は、建築的傑作であり、教区の母教会である」と述べた。「大聖堂は、地域の歴史の重要なイベントの際の集合場所として存在する」という。

 エマニュエル・マクロン大統領は火災発生を受けてツイッターで、「ノートルダムに続き、サンピエール・サンポール大聖堂が燃えている。ゴシックの宝石を守るため危険を冒している消防士たちを応援する」とツイートした。(CJC)

© Guillaume Piolle, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=5045100による

Share

Related Posts

None found

  1. 正教会のヴァルソロメオス全地総主教が70年以上に及ぶWCCの「共同の巡礼」を称賛

  2. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ノーベル平和賞はペンテコステ派のエチオピア首相(対訳)

  3. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】新型コロナ・ウイルスで、気になる他の教会の対応(対訳)

  4. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ブック・オブ・ザ・イヤー2019(2)

  5. 教皇フランシスコ、プレゼピオについての書簡を発祥の地で発表

  6. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】2020年ブック・アワード(2)

  7. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】2019年ランキング(前編)

  8. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】教会での礼拝再開に向けた安全策──段階的に対策を移行させよう(前編)

  9. 北朝鮮の宗教迫害10の真実

  10. 【米CT】プロライフ女性議員の増加

  11. 宗教的理由で119人を処刑した北朝鮮、17年連続で「信教の自由特別懸念国」に米政府が指定

  12. 仏ノートルダム大聖堂で大規模火災 尖塔が崩壊

  13. WCC創立70周年に教皇フランシスコがジュネーブ訪問「自らの利害を優先して教会が分裂した」

  14. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】クリスチャンでいるのが困難な国トップ50(前編)

  15. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ソレイマニ司令官の死後、イランのクリスチャンたちは?(対訳)

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。