聖パトリック大聖堂が財政難に コロナ禍で訪問者激減 2020年7月22日

キリスト新聞社ホームページ

 新型コロナウイルスの影響で、ニューヨーク市マンハッタン区51丁目5番街にあるカトリック教会セントパトリック大聖堂が財政難に陥っている。ニューヨーク・タイムズ紙7月19日付報道を、現地邦字紙デイリー・サンが21日伝えている。

 大聖堂への訪問者は通常90%が地域外の在住者。献金やギフトショップの売り上げで月100万ドル(約1億715万円)の歳入があった。ところが、コロナ禍で大聖堂も3月に閉鎖、6月28日に日曜ミサを再開したが、旅行客の参加が激減した。通常1万5000人の定員を、入場制限で1800人に減らしたが、これまでのミサに集まったのは内外400人。

 このため400万ドル(約4億2800万円)の歳入不足になった。光熱費の支払いも難しい。大聖堂のロバート・リッチー主任司祭は、「このようなことは今までなかった。イースターはおこなわれず。夏の観光シーズンも壊滅的。ディナーなど寄付金集めもできない」と頭を抱える。

 セントパトリック大聖堂は、ニューヨーク大司教区から支援はなく、逆に、歳入の8%を大司教区に収める立場にある。ただ、給与保護プログラム(PPP)の対象となり、連邦政府から100万ドル弱の支援を受けて、50~80人の従業員は解雇を免れた。それでも献金頼みは変わらず、リッチー司祭は「できる方はどなたでも」と献金を呼びかけている。

 ペンシルベニア州ビラノバにあるカトリック系ビラノバ大学のマシュー・マニオン教授によると、米国内にあるカトリック教会177教区の内92教区で3月以降、歳入が半減した。

pl:Wikipedysta:A. – 投稿者自身による作品, CC 表示 2.5, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1176735による

Share

Related Posts

None found

  1. ロイヤルウェディングでカリー首座主教の説教が新風巻き起こす

  2. 香港聖公会ポール・クウォン(鄺保羅)大主教 国家安全維持法を「歓迎」と表明 2020年7月24日

  3. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】2019年、聖書考古学の大発見ランキング(対訳)

  4. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】1%のリーダーから99%の信徒へのお詫び(対訳)

  5. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】牧師の自殺──私たちが知っておくべき3つのこと(前編)

  6. 英国国教会の献金がコロナ禍の影響で約4000万ポンド減少 2021年1月3日

  7. オーストラリア新首相はヒルソング・チャーチのメンバー

  8. 【米CT】福島の地震から10年。余震が続く中で日本の教会が学んだこと。(2)

  9. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】新型コロナ・ウイルスのため韓国の教会が初めて礼拝を中止に(対訳)

  10. 〝教会はなぜ存在するか〟 「逃亡犯条例」改正反対運動と「福音宣言」の背景 香港紙「時代論壇」インタビューより 2020年8月25日

  11. バチカンの性的虐待対策会議 教皇が「総力戦」を訴え、閉会

  12. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】2020年ブック・アワード(1)

  13. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ブラジルのサッカー、W杯で勝ってもイエスに感謝は禁止

  14. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】とらえどころのない存在⑧ 聖餐と洗礼に何が起きたのか(前編)

  15. バイデン米大統領 イースター・メッセージで国民にワクチン接種促す

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。