新型コロナで命落としたカトリック大司教・司教は世界で9人 2020年7月23日

キリスト新聞社ホームページ

 新型コロナウイルスは、世界保健機関(WHO)が3月初めにパンデミック(世界的大流行)を宣言してから4カ月以上経った現在も、収束のめどが立っていない。カトリック教会の大司教・司教など高位聖職者でも新型コロナで命を落とした人がこれまでに、世界で少なくとも9人に上っている。

 カトリック系CNA通信の報道などをまとめると、ブラジル・パルマレス教区のヘンリケ・ソアレス・ダコスタ司教(57)=写真=が7月18日、コロナ感染症により死去した。ブラジルで感染によって亡くなった大司教・司教はこれで3人となった。ダコスタ司教は2週間以上にわたって集中治療室で治療を受けていたという。

 ブラジルの犠牲者は他に、パソフンド教区のペドロ・エルシリオ・シモン名誉大司教(78)=6月1日没=と、パライバ教区のアルド・パゴット名誉大司教(70)=4月14日没=が挙げられる。パゴット名誉大司教はすでにがんを患っている身だったが、コロナに感染し呼吸不全により亡くなったという。

 ブラジルに隣接するボリビアでは、エルアルト教区のウジェニオ・スカルペリーニ司教(66)が7月15日に亡くなった。スカルペリーニ司教はイタリア出身で、ボリビアで10年にわたって奉仕していた。

 米国では、ボストン教区のエミリオ・アリュー補佐司教(85)が4月26日に死去。英国では、リバプール大司教区のビンセント・マロン補助司教(88)が5月18日に亡くなった。

 アフリカでは、コンゴ民主共和国ムウェカ教区のジェラルド・ムルンバ・カレンバ名誉司教(82)が4月15日に首都キンシャサの病院で、ケニア・メルー教区のサイラス・シルビウス・ヌジル名誉司教(91)が同28日、イタリア・トリノで死去した。エチオピア・ガンベラ使徒座代理区で奉仕していたイタリア人のアンジェロ・モレスキ司教(67)は3月25日、イタリア・ブレシアで死去、今回のコロナ感染により亡くなった最初の司教だった。

Share

Related Posts

None found

  1. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ペンテコステ派はなぜ成長を続けるのか──多くの教会が減少する中で(後編)

  2. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】ブック・アワード2019(4)

  3. パンデミックに沈む街に差し込むイエスの光(2)

  4. 世界各地の正教会、クリスマスを祝う

  5. 教皇が新枢機卿13人を指名 米国出身の大司教は初 2020年10月27日

  6. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】主イエスに従うことが最も難しい上位50カ国(前編)

  7. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】セクハラなどに敏感な時代、イエスが教えてくれる「触れる」ことの意味(対訳)

  8. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】主イエスに従うことが最も難しい上位50カ国(後編)

  9. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】牧師の自殺──私たちが知っておくべき3つのこと(前編)

  10. 大谷の同僚、信仰の人アルバート・プホルスに戦力外通告

  11. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】未来の神学 N・T・ライト(後編)

  12. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】白人女性が誤って黒人男性を射殺──赦しと正義を考える(対訳)

  13. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】狭い信仰理解から解放されるために──福音派クリスチャンの成長(後編)

  14. 仏ニースで教会襲撃、3人死亡し首切断も 2020年11月1日

  15. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】嵐の中に立つ旗──なぜトランプに反対するのか ティモシー・ダリンプル社長

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。