キリスト教視聴覚教育講習会 今年はオンラインで8月3日から 2020年7月24日

キリスト新聞社ホームページ

 キリスト教視聴覚センター(AVACO)主催の講習会が8月3日から毎週月曜(計3回)、今年はオンラインでの開催を予定している。同センターwebサイト(http://www.avaco.info/school/summer.html)で無料配信され、各講座とも配信スタート日から30日間は何度でも視聴できる。各回のテーマと講師は以下の通り。

■第1弾 8月3日(月)「みことばをやさしく伝えよう」
 講師=飯塚拓也(日本基督教団竜ケ崎教会牧師、認定こども園ぶどうの木竜ケ崎幼稚園園長)
 「みことば」を子どもたちにやさしく伝えるための準備をしませんか。 「みことば」と聖書、教会暦の「祝祭日と節と色」、「お祈り」についての学びの30分。 聖書を身近に感じるための飯塚先生のひと工夫もご紹介。 「初めて」からの学びをぜひオンラインで。

■第2弾 8月10日(月)「使いこなそう視聴覚教材」
 講師=木村誠甫(草苑保育専門学校講師)
 マグネットシアター「天地創造」、ぬのえほん「クリスマス」、フランネルグラフの 実演をお楽しみください。語りかけ方や動作など、木村先生の実演のなかにそのコツ が!何度でも視聴できるオンラインならではのこの機会に明日へのヒントを見つけて、 視聴覚教材を使いこなしましょう!

■第3弾 8月17日(月)「歌おう『たまごさんびか』」
 講師=塚本潤一(日本基督教団芦屋浜教会牧師、同志社女子大学嘱託講師)
 『こどもさんびか改訂』編纂などたくさんのさんびかに関わっている塚本先生。 「聖書を身近に」のテーマで作られた先生の力作『たまごさんびか』をご紹介。 歌いたい方、子どもたちと分かち合いたい方などなど、まずは画面の前に! 今回、全曲ピアノ伴奏譜を作って、現場ですぐに使えるようにしました。 歌いつつ、学びつつマスターしましょう。

 お問い合わせは一般財団法人日本聖書協会 キリスト教視聴覚センター(Tel 03-3203-4121)まで。

公式サイト:http://www.avaco.info/school/summer.html

Share

Related Posts

None found

  1. 「えきゅぷろ2022」に向け始動 「ポストコロナ時代の教会像の共有」テーマに 2020年9月26日

  2. 「キリスト教一致祈祷週間」東京集会 カトリックとプロテスタントが和解を祈る

  3. 日本福音同盟創立50周年感謝会、68年の創設に関わった尾山氏らも挨拶

  4. 【クリスマス・メッセージ】竹森満佐一「生誕」(抜粋)

  5. 悩み苦しむ牧師に、ゲツセマネの天使になろう

  6. 最新『宗教年鑑』、首位の東京はクリスチャンが86万9443人、最下位の福井は2234人 県別ランキング

  7. 同志社大学教授の木原活信さんが講演 「山室軍平が今日に問いかけるもの」

  8. 日本基督教団、牧会者とその家族のための相談電話、メール相談を呼びかけ

  9. 神様からのたまものをオンラインで公開、グループ展「TAMA-TEN」開催 10月31日まで

  10. 【訃報】 西川重則さん(平和遺族会全国連絡会代表) 2020年7月23日

  11. 樋口進氏、「聖書協会共同訳」について語る(1)

  12. 増えている教派、減っている教派(5)福音派など4教派の推移

  13. 増えている教派、減っている教派(2)カトリックは5万人増え、日本基督教団は2万人減る(86年比)

  14. 救世軍のブラスバンド、大阪のザ・シンフォニーホールなどで来日コンサート

  15. ハンガーゼロ、世界食料デー大会を開催 オンラインで飢餓解決に向けた協力の輪を 

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。