読者が選ぶ「歴代ベスト3グランプリ」大賞に『こころの深呼吸』 2020年8月3日

キリスト新聞社ホームページ

 キリスト教書店大賞10周年を記念して行われた読者投票「歴代ベスト3グランプリ」の大賞に、片柳弘史氏(イエズス会司祭)の『こころの深呼吸』(教文館、第8回・2018年大賞受賞)が選ばれた。この企画は、2011年から19年の書店大賞で1~3位に入賞した全27点の中から、それぞれ1~3位の順で投票してもらい「歴代ベスト3」を決定するというもの。

 投票は6月1日から7月31日までの2カ月間、インターネット上で行われ、計157人が参加。2位は渡辺和子著『置かれた場所で咲きなさい』(幻冬舎、第3回・2013年大賞受賞)、3位は岡田明・みなみななみ作『マンガで読む日本キリスト教史 タイムっち』(キリスト新聞社、第4回・2014年3位受賞)との結果になった。

 「1位票」を多数獲得し、圧倒的支持で大賞に選ばれた『こころの深呼吸』には、「寝床の横に置いていつも拝読しています」「肩の力が抜けていくだけでなく、自分だけではないんだという応援も感じられます」「何度救われたことでしょう! 一生読み続ける心のビタミン剤です」などのコメントが寄せられた。

 キリスト新聞社刊の書籍では他に、八木谷涼子著『もっと教会を行きやすくする本』(8位)、バーバラ・ブラウン・テーラー著/平野克己、古本みさ訳『天の国の種』(15位)が選ばれた。

 開票結果の詳細はこちらのリンクから「開票する」をクリックして閲覧できる。

キリスト教書店大賞 10周年で「歴代ベスト3」の投票も受付中 2020年7月13日

【書評】 『こころの深呼吸』 片柳弘史

Share

Related Posts

  1. 飯謙氏、「聖書協会共同訳」について語る(5)

  2. 2020年の聖書翻訳──66言語、7億700万人のために翻訳完了

  3. カトリック高松教区、主日のミサの再開から一転、過越の3日間のミサを非公開で

  4. 日本福音同盟創立50周年感謝会、68年の創設に関わった尾山氏らも挨拶

  5. 飯謙氏、「聖書協会共同訳」について語る(2)

  6. ゴスペルで神様の愛を伝えたい 「ワールド・フード・デイ・クロス・ゴスペル」オンラインで開催

  7. 第4回聖書動画コンテスト・アワード最優秀賞は藤山恵さんの「言葉の力」

  8. 日本ホーリネス教団、外出自粛などの要請が出た地域では教会に集まらないで

  9. 神戸改革派神学校の入学式をライブ配信、改革派教会の訪問動画も

  10. 増えている教派、減っている教派(2)カトリックは5万人増え、日本基督教団は2万人減る(86年比)

  11. 2019年、文化庁が発表した最新のクリスチャン・教会数は?(後編)都道府県別ランキング

  12. 教会が感染源にならないために プロテスタントの大和カルバリーチャペルはユーチューブ礼拝

  13. 【クリスマス・メッセージ】一粒の麦 藤藪庸一

  14. カトリック大阪大司教区と名古屋教区、公開ミサを再開 「緊急事態宣言」解除を受けて

  15. カトリック札幌教区、新型コロナ・ウイルス終息まで聖週間の典礼や主日の公開ミサを自粛

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。