ベイルート大爆発 現地教会も被害多数 2020年8月6日

キリスト新聞社ホームページ

 硝酸アンモニウム2750トンの大爆発――8月4日に起きたレバノン首都ベイルートの悲劇的な映像は、SNSなどを通じて、またたく間に世界を駆け巡った。同国におけるキリスト教会への支援に向けて、各国の関係団体や諸教会が動きを模索し始めている。米紙「クリスチャニティ・トウディ」などが報じている。

 今回の爆発は、多くの人々にとって1975年以来の15年間の内戦を想起させるもので、その衝撃はマグニチュード3.3を記録。キプロスでも揺れを観測したという。日本でも一般メディアでさえ「終末」という宗教的イメージをもって事件を伝えている。

 なお、爆発の原因については未だ不明。すでに単なる事故から政治的意図をもった人為的な爆発など、さまざまな説が浮上している。しかし、幸いなことに宗教間対立を煽るものはいない。

 シリア・レバノン福音主義連盟の議長ジョセフ・カッサーブ氏は、米紙「クリスチャニティ・トゥデイ」の取材に応じ、「プロテスタント、カトリック、正教会、イスラム教徒と被害の範囲は広く、その全容はつかめていない。特に東部ベイルートの港に近い地域には、貧しいキリスト教徒が多く住んでいた」と語っている。

 アンティオキア正教会・北米大主教座ジョセフ総主教は、今回の件について声明を発表。「ベイルートのエリアス主教らは神品の無事を確認している、また教会堂や関連病院への甚大な被害がある」とした。同教会は、支援口座を開設。被害者らの生活と再建に尽力する。露紙「オーソドックス・クリスチャニティ」などが報じている。

アンティオキア正教会の公式声明(英語)

Share

Related Posts

None found

  1. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】性的・家庭内暴力への対処について迷う牧師たち(前編)

  2. サン・ピエトロ大聖堂(写真:Lora Beebe)

    ローマ教皇 コロナ禍で中止していた信徒の一般謁見を再開

  3. 李登輝元総統の告別追悼礼拝とキリスト教信仰

  4. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】とらえどころのない存在⑤ 教会の目的は、愛をもって共に生きること(後編)

  5. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】性的虐待で揺れる南部バプテスト連盟、改革推進派と慎重派で分かれる(対訳)

  6. 教皇訪日は来年11月後半、3泊前後と前田万葉枢機卿が見通し

  7. ノートルダム大聖堂の間近に住む日本人ジャーナリストから 栗本一紀

  8. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】聖書、米中関税戦争を免れる──米国のキリスト教出版社は追加課税10%がなくなった

  9. エホバの証人女性が襲われたグアテマラとは

  10. 主流派教会は激減、福音派は成長── 神学的・道徳的危機が教会の閉鎖を招く

  11. 米福音ルーテル教会がローラー牧師をトランスジェンダー初の監督に選出

  12. 【訃報】 ハンス・キュンクさん(カトリック神学者、司祭)

  13. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】教会は「結婚」を救えるか──婚姻率の低下が未来に及ぼす影響(3)

  14. パンデミックに沈む街に差し込むイエスの光(1)

  15. 日韓関係改善のための祈りの手引き 妹尾光樹(純福音成田教会担任牧師)

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。