「香港2020福音宣言」の起草者2人 教会の職を辞し避難か? 2020年8月14日

キリスト新聞社ホームページ

 香港のキリスト教メディア「時代論壇」の報道によると、「香港2020福音宣言」の起草者として名を連ねていた王少勇氏(基督教会活石堂牧師)と楊建強氏(カンバーランド長老教会香港中会牧師)=写真左から、6月末の「時代論壇」インタビュー取材当時=が、それぞれ教会の職を辞し、8月上旬に香港を離れたという。両氏は、香港の牧師や神学者ら有志による「香港牧師ネットワーク」の立ち上げ以前から積極的な発言を続け、同宣言の起草にも中心的に関わっていたが、国家安全維持法案施行後、親中派メディアから名指しで批判されていた。

 同じく宣言の起草者の一人だった陳恩明氏(基督教豊盛生命堂顧問牧師)によると、同ネットワークは、当初の発起人・宣言起草者の20人はすでに解散し、新しい担当者の下でフェイスブックページの運用と祈祷会開催のみの活動を継続しているという。

 王少勇氏と楊建強氏の2人が香港を離れた理由について、陳恩明氏は「彼らが尾行、脅迫、警告を受けていたかなどは明らかではないが、名指しで批判されたことで、周辺の人たち、特に自分が仕える教会の群れにまで攻撃が向けられることを心配していたのではないか」と話す。さらに陳氏は、「こうした状況は非常に深刻だ。長年にわたり献身的に教会に仕えてきた牧師たちがこれほどまでの圧力を受けなければならないというのは、突然のこと。しかし、こうした移民の動きが広がるのも理解できる」と、両氏が香港を離れざるを得なかったことに理解を示した。

 陳恩明氏は、自身も含め「香港牧師ネットワーク」のメンバーは、それぞれに圧力を受けているが、「牧師たちは清き心と平安な心で状況に対処し、自ら混乱に陥らないようにし、善良な働き人であり続けるよう努力すべきであり、折り合いをつけようと妥協する必要はない」と、同労者たちを励ましている。

 王少勇氏と楊建強氏の行方は明らかにされていない。「時代論壇」が両氏と連絡を取りインタビューを試みた際には婉曲的な辞退の返事があったが、彼らの身辺は無事だという。香港の牧師たちが置かれている状況は確かに厳しいものがあるが、香港教会のある関係者は「現在のところ、こうした個別の事件以外には、宗教界全体に対する組織だった迫害はまだない」との見方を示している。(報告=松谷曄介)

香港「国家安全維持法」 親中派メディアが「香港2020福音宣言」を批判 2020年7月15日

Share

Related Posts

None found

  1. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】とらえどころのない存在③ 福音派が神を置き去りにした歴史(前編)

  2. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】南部バプテスト連盟は性的虐待の危機に立ち向かう(対訳)

  3. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】南部バプテスト連盟は性的虐待に関係した教会を除名する(対訳)

  4. トルコ西部エーゲ海岸でマグニチュード6・6の地震 2020年11月2日

  5. 教皇フランシスコが前田万葉大司教など14人の枢機卿を新任

  6. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】聖書、米中関税戦争を免れる──米国のキリスト教出版社は追加課税10%がなくなった

  7. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】米朝首脳会談は北朝鮮のクリスチャンを救済するか(対訳)

  8. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】テレビ伝道者のベニー・ヒン、繁栄の神学を「修正」する?(前編)

  9. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】とらえどころのない存在② 神への熱愛──偉大な愛を知った人とは(前編)

  10. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】とらえどころのない存在⑩(最終回) 私たちは神を愛し、そして嫌う。それを認めずには前進できない(前編)

  11. 新回勅は「兄弟愛は真の連帯を築くもの」とパロリン枢機卿 2020年10月11日

  12. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】無会衆の教会へようこそ、新しい牧師さん──牧師招へいはオンラインでの顔合わせも(前編)

  13. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】エリック・クラプトン──主の臨在の中で(対訳)

  14. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】福音派はなぜトランプに投票したのか──81%の正体(対訳)

  15. 「逃亡犯条例」改正案の正式撤回 「学生の女神」周庭氏も香港政府トップの林鄭月娥行政長官もカトリック

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。