サグラダ・ファミリア、2026年の完成不可能に 2020年9月18日

キリスト新聞社ホームページ

 パリ発共同通信が、9月17日付けのスペイン紙パイスなどの報道として、スペイン北東部バルセロナの世界遺産サグラダ・ファミリア教会の建設責任者は、新型コロナウイルスの流行による観光客の減少で、これまで予定してきた2026年の完成がほぼ不可能との見方を示した、と報じている。教会は新型コロナの流行で3月に閉鎖、7月初め再び公開された。

 建築家アントニ・ガウディ設計として知られる同教会は1882年に建設を開始した。完成予定の2026年はガウディ没後100年に当たる。

 教会の建設費は入場料や寄付によっていたが、昨2019年7月は1日平均の入場者が約1万5600人だったが、今年は約2千人。責任者は「奇跡が起きなければ、2026年に工事は終わらないだろう」と述べている。(CJC)

新コロナウイルス感染拡大でサグラダ・ファミリア閉鎖  2020年3月14日

Share

Related Posts

  1. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】「新生した」という人が増えている──主流派とカトリックで大きな変化(対訳)

  2. イスラエルとUAEが国交正常化 パレスチナ自治政府は合意を「強く拒否」 2020年8月16日

  3. ドイツの女性首相を支えた信仰とは アンゲラ・メルケル著『わたしの信仰──キリスト者として行動する』

  4. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】イエスを愛するサッカーW杯のスター

  5. 仏ナントの大聖堂で火災 放火の疑いで捜査開始 2020年7月21日

  6. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】降誕だけでなく再臨も待つアドベント(対訳)

  7. パンデミックに沈む街に差し込むイエスの光(2)

  8. 〝教会はなぜ存在するか〟 「逃亡犯条例」改正反対運動と「福音宣言」の背景 香港紙「時代論壇」インタビューより 2020年8月25日

  9. ドイツ極右政党の躍進でメルケル首相後継者が辞意

  10. 新型コロナで命落としたカトリック大司教・司教は世界で9人 2020年7月23日

  11. 【米CT】Xマスっていう呼び方ってどうなの? 実はキリスト教に深くつながる起源。

  12. 教皇訪日は来年11月後半、3泊前後と前田万葉枢機卿が見通し

  13. ノートルダム大聖堂の間近に住む日本人ジャーナリストから 栗本一紀

  14. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】教会は「結婚」を救えるか──婚姻率の低下が未来に及ぼす影響(2)

  15. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】とらえどころのない存在③ 福音派が神を置き去りにした歴史(前編)

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。