神戸 『教会のマネジメント』共著者の島田恒氏が「理解と実践」セミナー 2020年9月30日

キリスト新聞社ホームページ

神戸バイブル・ハウス(中村豊理事長)が主催するセミナー「教会マネジメントの理解と実践――明日をつくる知恵」が9月5日、19日の両日、同会場(神戸市中央区)で開催された。検温、手指消毒、定員を30人に絞ることでソーシャルディスタンスを確保するなど、新型コロナウイルス感染予防の対策を講じた上での開催となった。講師には、濱野道雄氏(西南学院大学教授)との共著『教会のマネジメント』(キリスト新聞社)を上梓した島田恒氏(経営学博士)が招かれた。

初日の5日は「教会マネジメントって何だ」を主題に、「マネジメント」や「経営」という言葉が企業の金儲けを指すとの誤解があり教会にはなじまない、関係がないという考えを払拭し、およそ組織が成果を得るために与えられた知恵であるという説明からスタート。島田氏は「私たちは今どこにいるのか」という現代社会の解き明かしと、教会に与えられた責任とチャンスについて言及し、マネジメントの骨格を示した上で、教会と企業における共通原則と違いを明らかにした。

2日目の19日は「教会マネジメントの実践」と題し、教会の宣教活動がマネジメントの知恵を借りて具体的にどう展開すべきか、動画を含む事例紹介や企業における事例も含めて実践への道筋が提示され、伝道・奉仕・共同体形成という宣教活動の具体的な展開についての提起が行われた。

教会各派の司祭・牧師、役員クラスの信徒が参加し、熱心な質疑応答も交わされた。島田氏は、「環境の厳しさに甘えるのではなく、積極的に宣教活動を展開し、活力を膨らませる知恵として期待を抱かせるセミナーとなった」と振り返り、「このようなセミナーや講演を機に刺激を提供することが、教会活動にとって力になる」と期待を寄せた。

Share

Related Posts

None found

  1. 第2回「教会どうでしょう」 コロナの影響は教会の規模でどう違う?

  2. グレース宣教会長老牧師・堀内顕さん、天国歓送礼拝 ユーチューブでも配信

  3. 全世界のカトリック教会で性的虐待の通報が義務化 教皇フランシスコ、自発教令を発表

  4. 飯謙氏、「聖書協会共同訳」について語る(4)

  5. 帯広聖公会の旧双葉幼稚園園舎 保存活用に向けて卒園生らがNPOを設立

  6. 同志社大学教授の木原活信さんが講演 「山室軍平が今日に問いかけるもの」

  7. 樋口進氏、「聖書協会共同訳」について語る(4)

  8. 最新『宗教年鑑』、34年でカトリックは13%増え、日本基督教団は20%減る 教派別ランキング①

  9. 樋口進氏、「聖書協会共同訳」について語る(3)

  10. シグニス・ジャパンのインターネット・セミナー「SNSと福音宣教──主が霊を授けて主の民みんなが預言者になったらいいのに」

  11. 「教会と政治」フォーラムで濱野道雄氏 〝「命の選別」か「共に生きる」かの岐路〟 2020年10月1日

  12. 神様からのたまものをオンラインで公開、グループ展「TAMA-TEN」開催 10月31日まで

  13. 関西4大学、新型コロナウイルスの感染防止に関する共同声明を発表

  14. ハーベスト・タイム・ミニストリーズ インターネット・ミニストリーから見えてくる可能性(後編)

  15. 日本ナザレン神学校、二人の卒業生と一人の新入生

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。