世界各地の正教会、クリスマスを祝う

キリスト新聞社ホームページ

世界各地の「正教会」が1月7日、クリスマスを迎えた。昨年とは違うコロナ禍中、奉神礼(ミサ/礼拝)のオンライン配信をする教会も増えている。一方、聖堂では「数少ないマスクをした参列者」という例年にない光景がみられた。

エキュメニカル全地総主教ヴァルソロメオス1世=写真(公式HPより引用)=は、2020年12月24日、コンスタンティノープル市長エクレム・イマモール氏とオンライン会談。世界の人々の健康が強められ、コロナ禍を解決するために、より創造的な新年となりますようにと「クリスマスの願い」をすでに述べている。

また例年通り、モスクワ総主教キリル1世、エルサレム総主教セオフィロス3世など、教会指導者らが降誕節の挨拶を映像と文面で発表。「東方諸教会」のコプト教皇タワドロス2世もYouTubeであいさつを述べた。(順不同)

キリスト教界の全体で言えば、毎年、12月頃から1月中旬まで「キリストの降誕」を祝う。果たして来年のクリスマスには、どのような光景となるのか。

Share

Related Posts

  1. 8月18日はワシントンへ桜を寄贈した日

  2. 【「キリスト新聞」との共同インタビュー】最初の告発をした小柳敦史氏 深井智朗氏の研究不正について語る(2)

  3. 日本キリスト教協議会の新議長に渡部信氏

  4. クーデターでミャンマー・バプテスト連盟が声明 「抑圧的支配システムを拒否」

  5. 8月2日は日本人初の海外派遣宣教師、中村長八神父の誕生日

  6. 【クリスマス・メッセージ】居心地のよさを求める文化は自己中心──有言実行する教皇フランシスコ 菊地功

  7. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】礼拝をやめるべきか、やるべきか──全米福音同盟会長と「クリスチャニティー・トゥデイ」最高責任者の声明(前編)

  8. キリスト教主義大学(ミッションスクール)紹介(1) 編集部

  9. 日本福音ルーテル教会、感染拡大が見込まれる地域では礼拝中止を積極的に選択すべき

  10. 【「AMOR」との共同インタビュー】イエズス会日本管区長補佐・山岡三治神父 イエズス会を語る(前編)

  11. バチカン銀行元総裁、公金横領と資金洗浄で禁錮8年11月 2021年1月23日

  12. 独占手記 「過失」ではなく「被害」だと自覚するまで――在学中の性暴力、そして毒親との決別 「被害者を救うための言語も、加害者を更生させるための言語も、教会は持ち合わせていない」

  13. 【インタビュー】テコンドーのメダリストで牧師の岡本依子さん(前編)

  14. 2019年度「世界平和の日」のテーマは「平和に奉仕する良い政治」

  15. 2020年の聖書翻訳──66言語、7億700万人のために翻訳完了

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。