女性に朗読奉仕者と祭壇奉仕者への道開く教皇自発教令

キリスト新聞社ホームページ

教皇フランシスコは、教会における女性の役割の一段の平等を図る新たな措置として、教会の朗読奉仕者と祭壇奉仕者(侍者)に、男性だけでなく、女性も選任することができるよう、自発教令の形をとった使徒的書簡「スピリトゥス・ドミニ」(主の霊)をもって教会法を改定した。

具体的には、祭壇奉仕者(侍者)や聖体拝領時の配布、専任の第1朗読担当などに女性を選出できるようになった。これまでは、このような状況に応じて「臨時の委託」を受ける奉仕者については、正式儀式をもって朗読奉仕者ならび祭壇奉仕者に「選任」される者は、伝統的に男性に限られていた。

ロイター通信などの報道によると、今回改定した、教会法230条1項で、司教協議会の規則が定める年齢と素質をもった信徒を、正式な典礼によって、選任の朗読奉仕者と祭壇奉仕者とする道を女性にも開いた。多くの国ですでに実践されている女性の役割を教皇が明文化した格好。

ただバチカン(ローマ教皇庁)は、この改定は「司祭叙任とは明確な一線を画す」と強調、将来女性の司祭就任を認めることには直接つながらないとしている。教皇は、すでにこれらの役割において奉仕している女性について、「安定と公的認知」をもたらしたかったと書簡で述べた。

これまでにも教皇は、財政や外交、博物館長などの重要な任務に女性を相次ぎ任命した。また助祭就任の許可を求める女性の声を受け、初期カトリック教会における女性助祭の歴史を検討する委員会を設置している。(CJC)

Share

Related Posts

None found

  1. 『モナ・リザ』や『カナの婚礼』も。ルーヴル美術館が全作品を無料公開

  2. 【3・11特集】それぞれの10年 自身の限界と向き合いつつ 津波の被災地 仙台・荒浜で 鈴木真理

  3. 【インタビュー】東京神学大学教授・芳賀力さん 召命共同体が伝道者を育てる(後編)

  4. 【CHRISTIANITY TODAY社説】遅すぎた正義──教会が人種差別の償いをする時が来た(後編)

  5. ハーベスト・タイム・ミニストリーズ インターネット・ミニストリーから見えてくる可能性(後編)

  6. 【クリスチャンビギナーズ】第7回 いまさら聞けない、キリスト教葬儀の基本

  7. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】「ユーバージョン」2018年トップ聖句は「恐れることはない」(イザヤ41:10)、「バイブル・ゲートウェイ」は……(対訳)

  8. 【インタビュー】制服姿は信頼の証し 救世軍司令官ケネス・メイナーさんに聞く(後編)

  9. 【「キリスト新聞」との共同インタビュー】最初の告発をした小柳敦史氏 深井智朗氏の研究不正について語る(3)

  10. WCRP日本委員会が震災10年で声明 「垣根を超えて教訓語り継ぐ」決意

  11. 第2回聖書ラノベ新人賞大賞は「神学生バトル」

  12. オウム真理教、残る6人の死刑を執行 破壊的カルトへの処刑について山本光一牧師に聞く

  13. 聖心女子大学で「東アフリカ地域における難民・移住者」講演会 難民を助けるのはウルトラマンではなくドラえもん

  14. コロナ禍に心温まる動画を。クリスマス休戦を描いた「戦場のクリスマスキャロル」を限定配信

  15. 日本福音ルーテル久留米教会、登録文化財に 九州現存最古のヴォーリズ建築

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。