英女王夫妻、教皇が相次いでワクチン接種 教皇の主治医は感染で死去

キリスト新聞社ホームページ

英王室は、エリザベス女王(94)と夫のフィリップ殿下(99)が1月9日に新型コロナウイルスワクチンの接種を受けたと発表した。エリザベス女王の個人的な健康情報が公にされるのは珍しい。関係者が英国内専門通信社「プレス・アソシエーション」(PA)に語ったところによると、エリザベス女王夫妻はウィンザー城で接種を受けたという。新型コロナワクチンの接種は、英史上最大の予防接種プログラムとなっており、高齢者、高齢者介護職員、医療従事者を優先してすでに150万人以上が接種を受けている。

一方、教皇フランシスコと名誉教皇ベネディクト16世も、ワクチン接種を受けたと公設バチカン・ニュースが報じた。バチカンでは1月13日、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の準備が整い、特に市国内の医療・衛生関係者、治安関係者、そして高齢者、また恒常的に人と接する職務に就く人々を優先し、接種が始まった。

ただ、教皇の主治医ファブリツィオ・ソッコルシ氏(78)は9日、新型コロナウイルス感染症による合併症で死去。教皇がイタリアテレビ「カナレ5」とのインタビューの中で、ワクチン接種に反対するのは「自滅的」なこととし、自身も接種を受ける意向であることを明らかした日の前日のことだった。バチカン紙「ロッセルバトレ・ロマノ」の発表によると、ソッコルシ氏は12月26日にローマ市内の病院でがんの治療を受けていたが、その間に新型コロナウイルスに感染したという。バチカンは、ファイザー・バイオンテック社のワクチンを市国民が利用できるよう進めており、教皇は自分の名前を接種リストに入れることをためらわなかった。(CJC)

Joel Rouse (Ministry of Defence), and nagualdesign, OGL 3, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=65165563による

Share

Related Posts

None found

  1. 東京神学大学学長に芳賀力氏、再任

  2. カトリック東京大司教区、「緊急事態宣言」解除後もしばらく公開ミサの再開はせず現状維持

  3. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】とらえどころのない存在③ 福音派が神を置き去りにした歴史(前編)

  4. 「ウェブバイブル」今日から提供開始、7日間無料でプレミアム版が試せる

  5. カトリック札幌教区は公開のミサを中止 仙台教区と新潟教区の新型コロナ・ウイルスへの対応

  6. 日本カトリック司教団が震災10年でメッセージ「連帯のきずなを希望の光に」

  7. 自分を支えてくれた杖で福音を伝えたい 三浦綾子召天20周年記念集会

  8. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】クリスチャンが牧師よりも信頼しているのは?(対訳)

  9. 大浦天主堂など長崎・天草の「潜伏キリシタン遺産」、世界文化遺産へ

  10. 関西キリスト災害ネットワーク 懇談会で地域との関わりなど協議 2020年7月21日

  11. ビリー・グラハムの後継者ルイス・パラウ召天、86歳

  12. 8月18日はワシントンへ桜を寄贈した日

  13. 2019年参院選⑤ クリスチャン議員の当落は?

  14. 江戸禁教期の「キリスト誕生の馬小屋」模型、五島列島から発見

  15. ドイツの教会で信者離れ進む ミサ出席のカトリック教徒は過去最低 2020年7月13日

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。