核兵器禁止条約発効、バチカン外務局長「共通善を目指して」 2021年1月22日

キリスト新聞社ホームページ

バチカンの外務局長リチャード・ギャラガー大司教=写真=は、1月22日に発効した核兵器禁止条約(TPNW)に対する教皇庁の取り組みについて語った。公設バチカン・ニュースの報道を紹介する。

原子力の戦争目的の使用は倫理に反すると同様に、核兵器の保有も倫理に反する、と教皇フランシスコは、2019年11月24日、広島の平和記念公園で述べ、核兵器のない世界への思いを強調している。ギャラガー大司教は、17年の核兵器禁止条約採択までは、核兵器をはっきりと法的拘束力をもって禁止する国際条約はなかった、と説明した。

同条約の発効は、すでに禁じられている化学兵器や生物兵器など他の大量破壊兵器のカテゴリーの中に核兵器を明瞭な形で加えることになり、こうして核兵器は、恒常的にその使用と保有を非難され、正当化されない武器の中に入ることになった、として大司教は、これが教皇庁がこの条約の発効のために取り組んだ理由の一つである、と述べた。また、教皇庁はその起草プロセスにも積極的に参加したが、条項の多くは、直接・間接的に人間を中心に据え、人道的な規範、平和条約との密接な関係を思い起こさせる内容になっていると話した。

大司教は、多国間主義に対する圧力に抵抗し、疑念と不信の力学を克服するためには、政府関係者・非政府関係者による、皆の継続した取り組みが必要、と述べた。また、同条約で完全に認められたもう一つの重要な点は、平和を学び、核兵器の危険と現在と未来にわたるその影響など、様々な観点から軍縮への意識を向上することの大切さである、と語った。同大司教は、教育と意識向上も、核兵器のない世界を形作り、核兵器を拒否する文化、いのち・平和・いやしの文化を推進する上で大事や役割を負っている、と話した。

「威嚇」という観点から、今日の世界が直面する新型コロナウイルスによるパンデミックに触れた同大司教は、この危機は、私たちの安全に対する概念を再考させるものであった、と述べた。世界の平和と安全は、相互破壊や全滅への脅威や、権力バランスや力の法則を基礎とするものであってはならず、それは対話・連帯・正義・人間の統合的発展、基本的人権の尊重・環境保護・教育や医療システムの向上、人民間の信頼構築の上に築かれなければならない、と語った。

核兵器のない世界の実現には、教皇フランシスコの回勅「ラウダート・シ」が説くような、統合的エコロジーにおける「すべては互いにつながっている」という意識に基づく構想が欠かせず、核兵器禁止条約はこうした方向性を持ったものである、と大司教は指摘、さらにその構想は、見えない特殊な利害の保護ではなく、共通善をゆるぎない目的とする対話を通してのみ築くことができるだろう、と述べた。(CJC)

By Bundesministerium für Europa, Integration und Äußeres – Romreise Karin Kneissl (16. Jänner 2018), CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=90771871

Share

Related Posts

None found

  1. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】白人女性が誤って黒人男性を射殺──赦しと正義を考える(対訳)

  2. 日本バプテスト教会連合、礼拝休止への言及はないが、理事会として各教会を支援をすると呼びかけ

  3. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】宗教の重要性について世界27カ国調査(前編)

  4. 飯謙氏、「聖書協会共同訳」について語る(4)

  5. 2019年参院選③ 立憲民主党のクリスチャン議員

  6. 「逃亡犯条例」改正案の正式撤回 「学生の女神」周庭氏も香港政府トップの林鄭月娥行政長官もカトリック

  7. 香港情勢を憂う牧師有志 祈りで連帯「若者に希望を」 2020年9月11日

  8. カトリック仙台教区、公開ミサの休止を6月6日まで延長 聖体は小教区で授与することが可能

  9. 【米CT】SBCが呼び名変更?「大宣教命令バプテスト」とは ― SBC代表インタビュー(1)

  10. 映画『友達やめた。』 好きとむずかしさのあいだ 今村彩子監督インタビュー 2020年9月20日

  11. 日韓のキリスト教協議会が米朝首脳会談前日に会合

  12. 「横田めぐみさん帰還のための祈りコンサート」 横田早紀江さん、聖書との出会いを語る

  13. バチカン銀行元総裁、公金横領と資金洗浄で禁錮8年11月 2021年1月23日

  14. 第21代救世軍大将にブライアン・ペドル氏

  15. 【映画評】 身にまとう自由の奥行き、絹布の祈り。 『パピチャ 未来へのランウェイ』 2020年11月1日 

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。