独ケルン大司教区 聖職者ら202人が性暴力、被害者314人と報告書

キリスト新聞社ホームページ

独カトリック教会ケルン大司教区で浮上した過去の性暴力疑惑についての独立調査の報告書が3月18日公開され、聖職者や信者202人が暴行に及び、被害者は314人に上っていたことが明らかになった。AFP通信が報じた。

カトリック教会の委託で調査を実施していた弁護士が、800ページに及ぶ報告書を公開した。弁護士は記者会見で、被害者の大半が当時14歳未満だったと発表した。疑惑をめぐり、ライナー・マリア・ベルキ大司教=写真=による「義務違反」の可能性も調査対象とされたが、その事実はなかったとの結論が報告された。

AFP通信によると、保守派のベルキ大司教は以前から、教会の改革に反対。自身の教区内での聖職者らによる虐待に関し、別の報告書の公表を拒否したため、数カ月にわたり激しい抗議の的となってきた。大司教はその拒否の理由として、加害者とされる人物のプライバシー保護と、一部の調査員らの独立性の欠如を挙げていた。(CJC)

By Botulph – Own work, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=16240759

Share

Related Posts

None found

  1. 比叡山宗教サミット32周年「世界平和祈りの集い」 約900人が参加

  2. クライストチャーチ銃乱射事件 紙の教会などが追悼の祈り

  3. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】牧師と燃え尽き症候群──個人的な省察

  4. 「皇紀2603年」のクリスマスと戦時神学 『日本基督教神学読本』にみる人間の複雑さ 波勢邦生

  5. 東京神学大学の大住雄一学長が召天、64歳

  6. 「香港2020福音宣言」の起草者2人 教会の職を辞し避難か? 2020年8月14日

  7. 映画「名もなき生涯」 戦争で信仰を貫いたクリスチャン夫婦の実話(読者プレゼントも)

  8. 最新『宗教年鑑』、34年でカトリックは13%増え、日本基督教団は20%減る 教派別ランキング①

  9. 日本バプテスト連盟元副理事長の金子千嘉世さん、召天 60歳

  10. 自分を支えてくれた杖で福音を伝えたい 三浦綾子召天20周年記念集会

  11. 西南学院大学神学部教授の天野有氏、召天 62歳

  12. 神様からのたまものをオンラインで公開、グループ展「TAMA-TEN」開催 10月31日まで

  13. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】1%のリーダーから99%の信徒へのお詫び(対訳)

  14. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】とらえどころのない存在③ 福音派が神を置き去りにした歴史(後編)

  15. 大天使ミカエルの石像?「ウマンテラさま」展示中 潜伏キリシタンの信仰のよすが

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。