東日本大震災10年 日本基督教団東北教区 片岡謁也氏「共に嗚咽する神」

キリスト新聞社ホームページ

日本基督教団東北教区は3月11日、「東日本大震災10年記念礼拝」を行った。会場となった同教区の教区センター「エマオ」のほか、フェイスブックによってライブ配信され、同教区内の6カ所の教会でパブリックビューイングが行われ、約180人が視聴した。

「涙を流す旅」と題して説教を担当したのは片岡謁也氏(日本基督教団若松栄町教会牧師)。同教区の設立した「被災者支援センター・エマオ」(2019年に活動終了)の立ち上げから支援活動に参加した同氏は、「全国から祈りを込めた救援物資が届けられ、それを車で『エマオ』に運んだ。イエスが2人の弟子と共にエマオへ向かったように、『エマオへの道』に向かうトラックにイエス・キリストが共に乗っていてくれていた、と今でも信じている」と話した。

また、「延べ1万人のボランティアワーカー、全国からの救援物資、福島の避難者を受け入れ。それら諸教会の働きは、『喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい(ローマ書12:15)』の言葉によって、押し出された」と語った。一方で、ボランティアとして働かない人のことを責める人がいたこと、近隣が困難な状況にあるのを見過ごすような教会があったことにも触れ、「あなたの信じる神は何か。あなたの神はどこにいるのか」と延べた。

さらに未だ事態の解決を見ない福島の放射能被害にも言及し、「原発は人間関係、自然と人間との関係を分裂させ、癒やされない不安や痛みの中に生きている人たちが今でもいる。10年目の現実を見つめ続けることが求められている」とした。

最後に、「神は涙を流された(ヨハネ福音書11:35)」の言葉から、「私たちの信じる神は天上高く雲の上から地上の民を見下ろしている神ではない。人間の苦悩、不安、痛みに寄り添い、共に嗚咽する神であることを聖書は伝えている。私たちも共に泣いてくれる神を心に刻み、それぞれ託されている命を最後まで生き抜いていきましょう」と結んだ。

礼拝内では「東北教区3.11わたしたちの祈り2021」がささげられた。

Share

Related Posts

None found

  1. 【米CT】SBCが呼び名変更?「大宣教命令バプテスト」とは ― SBC代表インタビュー(1)

  2. 特別展「キリシタン──日本とキリスト教の469年」國學院大學博物館で開催中

  3. 2019年ニュース・ランキング(前編)

  4. OneHope、AVACOがオンラインで配信 教会学校向け動画コンテンツ

  5. 8月11日は山の日

  6. ブリヂストン美術館からアーティゾン美術館へ 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」でルオーなどに新しい光

  7. 帯広聖公会の旧双葉幼稚園園舎 保存活用に向けて卒園生らがNPOを設立

  8. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】教会は「結婚」を救えるか──婚姻率の低下が未来に及ぼす影響(1)

  9. 【もっと知りたいキリスト教】第1回 キリスト教ってどんな宗教?

  10. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】信徒から攻撃されるとき、牧会の動機を確かめよう(対訳)

  11. 最新『宗教年鑑』、福音派の同盟教団、アッセンブリーは成長が止まる 教派別ランキング その3

  12. 神戸改革派神学校の入学式をライブ配信、改革派教会の訪問動画も

  13. 日本ホーリネス教団、全国の所属教会に礼拝形式の中止を要請 牧師謝儀の支援も

  14. 【映画評】 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』 沈黙を破ること、その代償と得がたき果実

  15. 米大統領選(4)サウスカロライナ州予備選で初勝利したジョー・バイデン氏

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。