カラバッジョの失われた傑作か スペイン政府が競売を阻止

キリスト新聞社ホームページ

スペイン政府は4月8日、首都マドリードで競売に掛けられる予定だった絵画が、イタリアの巨匠カラバッジョによる所在不明の傑作である可能性があるとして、競売を阻止した。AFP通信が報じた。

作品は17世紀の油絵で、十字架にかけられる直前のイエス・キリストが描かれている。

ホセ・マヌエル・ロドリゲス・ウリベス文化相が競売の数時間前になって、この絵がカラバッジョ作品である可能性が示されたとツイッターで明らかにした。

オークション・カタログには「(スペイン画家)ホセ・デ・リベラの弟子」の作品で、最低入札価格は1500ユーロ(約19万円)と記されていた。

カラバッジョの絵画では、2014年にフランスの民家の屋根裏にあった古いマットレスの下から「ホロフェルネスの首を斬るユディト」という作品が見つかり、19年に競売に掛けられる2日前に外国人収集家に売却されるという出来事があった。同作には1億7000万ドル(約190億円)の価値があると推定されている。

Share

Related Posts

None found

  1. 関西キリスト災害ネットワーク第2回懇談会

  2. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】なぜ早くからクリスマスを祝うのか(対訳)

  3. 今こそキリスト教の使命を果たそう 教会指導者が新型コロナ・ウイルスに関するパネル・ディスカッションを開催

  4. 【インタビュー】卒業後も「教会を愛する」クリスチャンを育てる KGK総主事と副総主事に聞く(3)

  5. ナイトdeライトな1日 J+Passion Tokyo2019 テーマは「僕らは教会人」(後編)

  6. コロナ禍で急増!児童虐待を防止するには ~児童養護施設 かずさの里訪問~

  7. 日韓のキリスト教協議会が米朝首脳会談前日に会合

  8. LGBT+の尊厳守る超宗教の国際会議が発足 世界の聖職者、神学者たちが訴え

  9. 東京基督教大学、創立以来初の改革 2021年春から「総合神学科」の1学科に

  10. 【米クリスチャニティ・トゥデイ】サンディ・パティを救ったバイブル・スタディー・フェローシップ(対訳)

  11. 関東学院大学、新学長に小山嚴也氏が就任

  12. 明治学院「問題提起」型の斬新すぎる副読本 「読みたくなる」画期的テキスト「ヤバイブル」? 2020年7月11日

  13. 【インタビュー】東京基督教大学学長 山口陽一さん(前編) 時代に適応しながら、変わらない聖書信仰を守っていく

  14. 「今年の漢字」は「災」、聖書では

  15. TORCHプレ大会 キリストの灯火を次世代に

クリスチャンプレス をご支援ください

300円 1000円 5000円 10000円

※金額のご指定も可能です。

金額をご指定

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。