クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】主イエスに従うことが最も難しい上位50カ国(前編)

投稿日:2019年1月28日 更新日:

Print Friendly, PDF & Email

 

キリスト教への迫害は、世界で最も人口の多い国である中国とインドで悪化し、何百万人ものクリスチャンが信仰の危険にさらされている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Christian persecution has worsened in the most populous countries in the world, China and India, putting millions more believers at risk for their faith.

迫害されるクリスチャンを支援する宣教団体オープン・ドアーズは、クリスチャンになることが最も難しい50カ国の年間ランキングを発表した。アジアの二つの国が順位を上げており、まずインドは、ヒンドゥー教による国民主義的な迫害によって反キリスト教的感情が盛り上がったため、ワールド・ウォッチ・リストのトップ10に入った。一方、中国は、共産党政府が主要なキリスト教会の集会を閉鎖し、クリスチャン指導者らを拘束し続けており、リストの43位から27位に順位を上げた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The two Asian nations moved up on Open Doors’s annual ranking of the 50 countries where it’s hardest to be a Christian. India entered the World Watch List’s top 10 for the first time, due to a growing Hindu nationalist threat stirring anti-Christian sentiments. Meanwhile China, where the Communist government continues closing major congregations and detaining Christian leaders, climbed from No. 43rd to No. 27 on the list.

キリスト教迫害レベル
極端に高い(100−81)
1、北朝鮮
2、アフガニスタン
3、ソマリア
4、リビア
5、パキスタン
6、スーダン
7、エリトリア
8、イエメン
9、イラン
10、インド
11、シリア

非常に高い(80−61)
12、ナイジェリア
13、イラク
14、モルジブ
15、サウジアラビア
16、エジプト
17、ウズベキスタン
18、ミャンマー
19、ラオス
20、ベトナム
21、中央アフリカ共和国
22、アルジェリア
23、トルクメニスタン
24、マリ
25、モーリタニア
26、トルコ
27、中国
28、エチオピア
29、タジキスタン
30、インドネシア
31、ジョルダン
32、ネパール
33、ブータン
34、カザフスタン
35、モロッコ
36、ブルネイ
37、チュニジア
38、カタール
39、メキシコ
40、ケニア

高い(60−57・5)
41、ロシア連邦
42、マレーシア
43、クエート
44、オマーン
45、アラブ首長国連邦
46、スリランカ
47、コロンビア
48、バングラデシュ
49、パレスチナ領土
50、アゼルバイジャン

今、アジア人クリスチャン3人のうち1人が高いレベルの迫害を経験していると調査員は推定する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Researchers calculate that 1 in 3 Asian Christians now experience high levels of persecution for their faith.

オープン・ドアーズは毎年、世界中のクリスチャンにとっての信教の自由の衰退について報告してきた。政府による制限、社会的圧力、そして徹底的な暴力による迫害を精査している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Year after year, Open Doors has reported on the decline of religious freedom for Christians worldwide—measuring persecution through government restrictions, social pressures, and outright violence.

「西アフリカのナイジェリア北部と中部地帯では、少なくとも3700人のクリスチャンが信仰のために殺害された。昨年(推定2000人)と比べると約2倍だ。武装した襲撃者によって村から強制的に追い出され、村を占拠された」とワールド・ウォッチ・リストのモニターは述べる。またニュース・サービスによると、リストが報告しているクリスチャン4136人の殺害のうち、ナイジェリアだけで約90%を占めている(3731人)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“In the north and Middle Belt of Nigeria … at least 3,700 Christians were killed for their faith—almost double the number of a year ago (an estimated 2,000)—with villages completely abandoned by Christians forced to flee, as their armed attackers then move in to settle, with impunity,” wrote World Watch Monitor in its analysis of the list. The news service noted that “of the 4,136 deaths for Christian faith that the List reports, Nigeria alone accounts for about 90% (3,731).”

調査員によると、今日、6人に1人のアフリカ系クリスチャンが高いレベルの信仰的迫害を経験している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Overall, 1 in 6 African Christians now experience high levels of persecution for their faith, according to researchers.

2019年 ワールド・ウォッチ・リスト トップ10

1、北朝鮮
2、アフガニスタン
3、ソマリア
4、リビア
5、パキスタン
6、スーダン
7、エリトリア
8、イエメン
9、イラン
10、インド

最新のワールド・ウォッチ・リストによると、信仰の制限がより広範囲になり、世界中のクリスチャンの9人に1人がその影響下にあるという。今年のランキングでは、50カ国で推定2億4500万人(昨年は2億1500万人)のクリスチャンが高いレベルの迫害を経験している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The latest World Watch List indicates that religious freedom restrictions have also become more widespread, affecting 1 in 9 Christians worldwide. An estimated 245 million Christians in the 50 countries on this year’s rankings experience high levels of persecution compared to 215 million last year.

現在、「高い」から「非常に高い」レベルの迫害を受けているのは、オープン・ドアーズによってモニターされている150カ国のうち73カ国。昨年は58カ国だった。2019年は、クリスチャンの迫害レベルで「極端に高い」カテゴリーに入るのが11カ国と推定されている。ワールド・ウォッチのモニターは次のように述べた。「昨年も同じ結果だったが、5年前、そのカテゴリーに属していたのは北朝鮮だけだった」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Of the 150 countries monitored by Open Doors, 73 now exhibit high to extreme levels of persecution; last year, only 58 countries showed the same. “[In 2019], 11 countries score highly enough to fit into the ‘extreme’ category for the level of persecution of Christians,” noted World Watch Monitor. “It was the same last year, but five years ago, only North Korea was in that category.”

こうした傾向は、世界的な宗教的敵意の高まりに関する2018年のピュー研究所の報告とも一致している。宗教が規制され、危険水準が「高い」か「非常に高い」地域では、人口の83%が危険にさらされているという。中でも中国とインドが世界最大だ。こうした規制の悪化は、10年以上続く宗教的敵意の中で最も大きい波が押し寄せていることを意味する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The rise corresponds with the Pew Research Center’s 2018 report on the global rise in religious antagonism overall, which found that 83 percent of the population lives in places with “high” or “very high” religious restrictions, since some of the most restrictive countries—again, China and India—are also the world’s largest. The worsening restrictions represent the biggest surge in religious hostility in over a decade, according to Pew.

ワールド・ウォッチ・リストの第1位は、キリスト教が禁止されている北朝鮮で、18年連続で首位のままだ。北朝鮮とインド以外でトップ10入りしている国は、中央アジアのアフガニスタンやパキスタンやイラン、東アフリカのソマリア、北アフリカのリビア、北東アフリカのスーダンと東隣のエリトリア、アラビア半島南部のイエメン。それぞれキリスト教が少数で、イスラム教が多数の国々だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The World Watch List’s No. 1 spot has gone to the same place for 18 years running: North Korea, where Christianity is banned. Besides North Korea and India at No. 10, all others at the top of the rankings are majority-Muslim countries with a Christian minority: Afghanistan, Somalia, Libya, Pakistan, Sudan, Eritrea, Yemeni, and Iran.

中国はまだ、オープン・ドアーズの迫害国リストに入っていないにもかかわらず、キリスト教を再形成して「教会を中国風にする」という中国政府の素早い行動は、世界で最も大きな迫害にさらされている教会にとっては大きな脅威だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Even though China doesn’t yet rank among the worst offenders on Open Doors’s list, the swift actions by the government to reshape and “Sinicize” Christianity represent a mounting threat to the world’s biggest persecuted church.

「我々は中国とインドを注意深く見守っている」とオープン・ドアーズUSA社長のデビット・カリー氏は述べる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“We are watching China and India very closely,” said Open Doors USA president and CEO David Curry.

「政府によって信教の自由が圧迫される環境に暮らす何十億もの人々の憂慮すべき状況は、何百万人ものクリスチャンが日々、攻撃や投獄、殺害されていることから分かるでしょう」(後編を読む

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The distressing impact of billions of people living in an environment in which the government oppresses freedom of religion is unraveling day by day as millions of Christians are being attacked, imprisoned, or killed.”

関連記事

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.