人生を変える聖書のことば60(1) 編集部

疲れた者、重荷を負う者は、
だれでもわたしのもとに来なさい。
休ませてあげよう。

(マタイによる福音書11章28節)

ジョルジュ・ルオー「郊外のキリスト」(1920-24)

イエス・キリストが人々に語りかけた有名な言葉。

 

花の詩画集で有名な星野富弘さんは1946年、
群馬県に生まれた。

高校生のとき、家の裏の墓地にあった白い十字架に
「労する者・重荷を負ふ者、われに来れ」と書かれていたのを見たのが、
聖書の言葉との最初の出会いだった。

その後、中学校の体育教師になるが、
クラブ活動の指導中の事故で
頸髄を損傷し、手足の自由を失うことに。

そんな入院中に聖書を読んでいて
この言葉を見つけた。

「私がまだ健康で
なにも知らないで飛び回っていた頃からすでに、
私にこの言葉を与えてくれていた、
神さまのこころを知ったような気がした。……

この神の言葉にしたがってみたいと思った。

クリスチャンといえる資格は何も持っていない私だけれど、
『来い』というこの人の近くにいきたいと思った」。

そして2年後の1974年、病床洗礼を受けたときにも、
この言葉を思い出す。

「キリストの『私の所へきなさい』という言葉に、
素直についていきたいと思った。

私のいまの苦しみは
洗礼を受けたからといって
少なくなるものではないと思うけれど、
人を羨んだり、憎んだり、許せなかったり、
そういうみにくい自分を、
忍耐強く許してくれる神の前にひざまずきたかった」。

星野さんは現在も、
洗礼を受けた日本福音キリスト教会連合前橋キリスト教会の教会員だ。

星野富弘『愛、深き淵より。』(立風書房)から。

Share

Related Posts

None found

  1. 【クリスチャンな日々】第11回 「バカ野郎」になっちゃいましょう  MARO

  2. 【連載小説】月の都(5)下田ひとみ

  3. 【連載小説】月の都(17)下田ひとみ

  4. 【クリスチャンな日々】第8回 「いつも」が無理なら「2秒」から MARO 

  5. 【宗教リテラシー向上委員会】 ウィズコロナ時代の教会(1) 川島堅二 2020年7月11日

  6. 【毎週日曜連載】神さまが共におられる神秘(106)稲川圭三

  7. 牧会あれこれ(13)賀来周一

  8. 【宗教リテラシー向上委員会】 除夜の鐘のライブ配信が変えた体質 池口龍法

  9. 神さまが共におられる神秘(54)稲川圭三

  10. 【夕暮れに、なお光あり】 夫婦の生き方 渡辺正男

  11. 【毎月1日連載】牧会あれこれ(20)「牧会配慮の必要を問う」

  12. 【東アジアのリアル】 台湾キリスト教長老教会の視点から見た李登輝 鄭 睦群

  13. 【あっちゃん牧師のおいしい話】第5回 これはジュースだ! 齋藤篤

  14. 【連載小説】月の都(55)下田ひとみ

  15. 【Road to えきゅぷろ2022】 模索の中の「えきゅかふぇ」の可能性

リンク用バナーダウンロード

画像をダウンロードしてご利用ください。

リンクを張っていただいた場合は、ご連絡いただけると幸いです。