クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】新型コロナ・ウイルスに教会が対応する7つの教訓(2)

を読む)

2 しっかりとした指導者になること。信徒は指示を待っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2) Be a strong leader. Your members will want guidance.

3:16教会のイアン・トー牧師は言う。「危機が訪れるとき、人々はリーダーシップを求めます。リーダーの第一の責任は冷静さを保つことです。パニックになると、判断の幅が狭められ、意思決定ができなくなります。神があらゆる状況を支配しており、パニックを起こす必要はないということを、強い指導者は人々に思い起こさせるものです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“In moments of crisis, people are looking for leadership,” said Ian Toh, pastor of 3:16 Church. “The first responsibility of the leader is to remain calm. Panic causes tunnel vision, which is terrible for decision-making. Strong leadership reminds people that God is in control of every situation and there is never a reason to panic.”

イアン・トー牧師(3:16教会のホームページから)

自身を含めた牧会チームの役割は、「聖書から教えを説き、恐れを抱く人々に励ましと助けを与えることです」とトー牧師は語る。そういう中で、彼らはひざまずき、この前代未聞の状況について神の知恵を求めるようになったという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Toh told CT his leadership team found their role was “to teach from the Bible, minister to and encourage those who are fearful.” The process drove them to their knees, seeking divine wisdom in an unprecedented situation.

「新型コロナ・ウイルスへの対応の中で得た最大の教訓は、教会のリーダーとして謙虚であることの必要性です。私には分からないことがたくさんあり、学ぶ必要があります。そして、それによって私は主を求め、主の御顔を仰ぐ必要がより多くなったのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The biggest lesson that I have learned dealing with COVID-19 is the need to be humble as a church leader,” said Toh. “There is so much that I do not know and have to learn. And that increases my desire and the need to seek the face of the Lord daily.”

ウイルスが世界中に広がり続ける中で、世界の教会の指導者たちは、羊の群れが羊飼いを必死に求めていることに気づくべきだ。新型コロナ・ウイルスの流行が終わっても、従おうとする信徒のシグナルを見落としてはならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As the virus continues to spread globally, church leaders around the world should be aware that their flocks are watching their shepherds intently. Signals of faithfulness will have implications long after the COVID-19 season is over.

イオ・チュー・カン教会のリック・トー牧師(前出のトー牧師とは無関係)は語る。「ある主任牧師は私に『指導者の行動は神学的声明だ』と言ったことがあります。リーダーとして私たちは、すべてのものに神学的なスタンスを持つ必要があります。私たちは、神の前で自らの恐れに取り組み、信仰に基づく行動をとり、健全な神学に頼る必要があります。病気やこの世の命令に屈するのではなく、教義が私たちの決定を導くのです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“A senior leader once told me, ‘A leader’s action is a theological statement,’” said Rick Toh [no relation], pastor of Yio Chu Kang Chapel. “As leaders, we need to have a theological stance on all things. We need to process our fears before God and let our actions be inspired by faith and guided by sound theology. Let not disease, or earthly decree, but doctrine guide our decisions.”

3 教会で最新のテクノロジーを取り入れるのにこれ以上の好機はない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3) There’s no better time to up your church’s tech game.

シンガポール政府は、感染症警戒レベルを赤に引き上げることは「ないだろう」と述べているが、各地の教会は、徹底したロックダウンが起こる最悪のシナリオに備えて、ビデオ録画とライブ配信の採用とその手法の改善を検討している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
While the Singaporean government has said an upgrade to the Red risk assessment level is “unlikely,” local churches have explored improvements to their video recording and live-streaming capabilities in preparation for a worst-case total lockdown scenario.

迫りくる必要性を鑑(かんが)みて、さまざまなグループがホームページやオンライン講座を提供し、ライブ配信への切り替えと、その方法に関する無料のアドバイスを教会に向けて発信してきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Seeing the need, various groups have put together websites and webinars with free advice for churches on how to switch to livestreaming.

たとえばシンガポール聖書協会は、サンダー・クオート社(クリスチャンによって設立された、物品や情報などの調達を主眼としたスタートアップ企業)と提携し、「ストリームス・オブ・ライフ(命の泉)」を立ち上げた。ストリームス・オブ・ライフは、やり方の難易度別に分けたさまざまなライブ配信の方法を提供する情報局だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
For example, the Bible Society of Singapore partnered with ThunderQuote, a procurement-related startup founded by Christians, to launch Streams of Life, a resource center listing various livestreaming options ranked by difficulty level.

ストリームス・オブ・ライフ運営チームはホームページ上で、「今はエクレクシア(教会)にとって、実践的な知識を用いて、想像力に富んだ教会活動を実践する方法を探求する好機と言えます」とコメントしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“It is a wonderful time for the ecclesia to exercise practical wisdom and explore creative methods of ministry,” the Streams of Life team states on its website.

シンガポール・バイブル・カレッジ(同校のフェイスブックから)

またシンガポール・バイブル、カレッジは、「インスタント・メッセージ・ブロードキャストとライブビデオ配信の紹介」に関するワークショップを実施した。また、教会活動のデジタル化を模索する団体「インディジタス」は、教会に関するIT専門家と提携し、「礼拝をライブ配信したい人たちへ」と題したZoomアプリ上のオンライン講座を開催している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In a similar vein, Singapore Bible College conducted an “Introduction to Instant Message Broadcast and Live Video Streaming” workshop, while digital-exploration ministry Indigitous partnered with church IT specialists to host a “So You Want to Livestream Your Church Service” webinar via the Zoom video conferencing platform.

各教会の礼拝・映像機器チームも、ライブ配信によって引き起こされる著作権の課題に取り組んでいる。現地のワーシップ・グループの多くは、教会が著作権の問題を気にせずライブ配信における礼拝用の楽曲演奏をすることを明確に許可した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Church worship and AV teams are also navigating the music licensing challenge that livestreaming presents. Many local worship groups have explicitly granted permission for churches to play their songs on livestreams without fear of copyright or licensing issues.

アラリス・ホン(アウェイクン・ジェネレーションのホームページから)

礼拝のライブ配信のために楽曲使用料を支払うことは小さな教会では難しいと、「アウェイクン・ジェネレーション」(カルバンとアラリス・ホン夫妻によって設立された団体)は深く理解していた。「状況の背景を考えると、今は『ライブ配信での使用料を徴収する』という厳しい規約を行使すべき時ではないとシンプルに思ったのです。だから、数々の楽曲使用権を無料で許可したことを、私たちは誇りに思っています」と夫妻は語った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Awaken Generation, founded by Calvin and Alarice Hong, was “keenly aware” of how small churches could find it difficult to afford livestreaming licenses for worship services. “Given the backdrop of things, we simply felt that it was really not the time to enforce our strict rights in collecting livestreaming communication fees,” the worship group told CT. “So it was our honor to offer these songs for use.

「これらの楽曲はこの国の人々によって書かれたものであり、人々が『恐怖の障壁を取り除き、打ち破ろう』と集まる時にその楽曲が用いられるのを目の当たりにできたことは光栄なことでした」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“They were written by and for the people of our nation, and it was our privilege to see them used as an offering as the nation rallied together to intercede and break down barriers of fear.”

シンガポールのバイブル・スタディー・フェローシップに所属する7500人のメンバーは、毎週の講義やディスカッションをZoomアプリで継続している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Bible Study Fellowship’s 7,500 members in Singapore have kept up their weekly lectures and discussions via Zoom.

フェイス・コミュニティー・バプテスト教会(FCBC)は社会的責任の観点から、2月中旬以降、毎週の礼拝を一時停止することを選択した。「この決定は非常に難しい決断でした」とダニエル・コーン主任牧師は語る。「私たちは絶えず自らを振り返りながら、恐れによって判断を取り違えていないことを確認し、さまざまな考慮すべき事項をすべて比較検討していました。しかし私たちの教会は、人口約4万6000人が住む中心にあります。このエリアには建物が密集しており、ウイルスが広がるクラスターになる可能性があります」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Faith Community Baptist Church (FCBC) chose to suspend weekly gatherings from mid-February as an act of social responsibility. “This decision was a very difficult one to make,” said senior pastor Daniel Khong. “We were constantly checking ourselves to make sure that we were not responding out of fear, and weighing out all the various considerations. But our main church building sits in the heart of a neighborhood with a population of about 46,000 people. With how dense this area is, this could potentially become a major cluster for the virus to spread.”

「予想外の結果ですが、ライブ配信への移行によって、教会のコミュニティーはさらに強められました」とコーン牧師。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
An unexpected result: The move to livestreaming seems to have strengthened the church community, Khong told CT.

「私たちのセル・グループ(少人数グループに分けられた共同体)の多くは、礼拝のライブ映像を見ようと家に集まります。私たちは、セル・グループが外に出て地域のために祈ることができるようにと、ライブ配信の礼拝時間を意図的に短くしています。『この地域が霊的に満たされるように働く責任感を感じる』と語った人は多く、出会った人たちと福音を共有することができた人もいます」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Many of our cell groups come together in homes to watch our service livestream. We deliberately end our livestreamed services early so that our cell groups can go out and pray over their neighborhood. Many have said they now feel a sense of responsibility for the spiritual well-being of their community, and some were even able to share the gospel with people they met.”

「FCBCのメンバーは今、教会に関する理解を再考する旅に出ています」とコーン牧師は言う。「現代の教会は、『場所』や『企画』の制約を超えて、『目的』のために進みゆく人々でなければなりません」(に続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
FCBC members are now on a journey of rethinking their understanding of church, said Khong. “The church today must be a people of purpose that are willing to go beyond the constraints of ‘place’ or ‘program.’”

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.