クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】新型コロナ・ウイルスに教会が対応する7つの教訓(1)

 

この記事は米「クリスチャニティー・トゥデイ」に3月に掲載された記事です。シンガポールでは3月まで爆発的な感染拡大を抑えており、新型コロナ・ウイルス対策の「優等生」と評されていました。

スーパーからは消毒剤や缶詰、トイレットペーパー、そして水が消えた。数少ないマスクは取り合いになり、礼拝を続ける教会は「社会への責任感が足りない」と非難を浴びている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Stores emptied of sanitizer, canned food, toilet paper, and water. Fights over the sale of limited supplies of face masks. Anger as congregations continue to gather for worship, prompting accusations of a lack of “social responsibility.”

2月8日、シンガポールのスーパーで(写真:cattan2011)

新型コロナ・ウイルスは、3月に入ってアジアからヨーロッパ、北米へと急速に広がり、スーパーから株式市場、地域の教会まで、あらゆる場所で不安とパニックを引き起こしている。これは近年見られなかったことだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The COVID-19 virus has spread from Asia to Europe and North America rapidly over the past week, bringing with it a level of panic and angst—everywhere from the supermarket to the stock market to the local church—not seen in recent times. The global tally is now more than 125,000 infected and more than 4,600 dead.

ビリー・グラハムが「アジアのアンテオケ」と呼んだシンガポールの諸教会は、世界を席巻している不安感を乗り越えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Churches in Singapore, which Billy Graham affirmed as the “Antioch of Asia,” have already weathered the anxiety now sweeping the world. On February 7, the nation-state’s government raised its national risk assessment level from Yellow to Orange, indicating “moderate disruption” to daily life—and in particular to large gatherings of people.

シンガポールの感染状況の推移(作成:Davianlols6)

この間、シンガポール人の約5分の1を占めるクリスチャンは、長期にわたる自己吟味、振り返り、そしてそれに基づく行動を取らざるを得なかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
March 7 marked the one-month anniversary of Singapore—which has seen 166 cases but zero deaths—going Orange. This means that for the past month, local churches—which account for about 1 in 5 Singaporeans—have been forced into an extended period of self-examination, reflection, and action.

このプロセスは簡単なものではない。新型コロナ・ウイルスにかかった(そしてその後、退院した)主任牧師もいれば、全教会が礼拝を中止した教派もあり、教会が運営する幼稚園が閉鎖されたり、教会指導者の対応へのネット上での論争も取りざたされたりした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The process has not been straightforward, with a senior pastor afflicted with the coronavirus (and subsequently discharged), entire denominations suspending services, church-based preschools closing, and very public online disputes—in a nation that strictly enforces religious harmony—on how the situation is being handled by church leaders.

今の米国やイタリア、ブラジルなどの国々が直面している判断の難しさは、中国や韓国、シンガポールの教会が何週間にもかけて取り組んできたものだ。ほかの国の教会の助けになればと、シンガポールの教会がこの間に学んだ7つの教訓について記したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
To help churches in the United States, Italy, Brazil, and other countries now facing decisions that churches in China, Korea, and Singapore have been grappling with for weeks, here are seven lessons the Singaporean church has learned over the past month:

1 教会の礼拝は変わらなくてはいけない。聖なるものをしっかりと握りしめ、ほかのすべてを握りしめている手は開こう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1) Your church’s worship will change. Hold tight to what is sacred—and hold everything else loosely.

教会とは、習慣に依存するものだ。教会は、伝統、典礼、礼拝の秩序の上に成り立っている。長い時が経つ間に、「信仰の基本」と「単なる制度」の区別があいまいになっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Congregations are creatures of habit. Churches are built on traditions, liturgies, and order in worship. Over time, every church’s line between what is fundamental to the faith and what is merely institutionalized response gets blurred.

聖餐(聖体拝領)の聖性を保持するためには、実際にワインと種なしパンが使用されなければならないだろうか。実際に誰かに手を置いていなければ、癒やしの祈りに効果はないだろうか。教会の会衆とは、実際にその場に集った者しか認められないだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Does Communion have to be actual wine and unleavened bread to still count as holy? If you don’t actually lay hands on someone, are prayers of healing still effective? Does a church have to gather in the flesh to count as a congregation?

すべての教会、それぞれのメンバーは、これまで議論されてこなかった質問について異なる見解を持っている。新型コロナ・ウイルスの発生によって、私たちは「教義の棚卸し」作業が必要になっているのではないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Every church, and every member of your church, will have different views on such often-undiscussed questions. The COVID-19 outbreak presents a needed moment of doctrinal stocktaking.

シンガポールでは、すべての教派の教会運営メンバーが1カ月にわたって何度も集まり、「神の目に譲るべきでないものは何か」という議論を交わしてきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Every church board and pastoral staff team in Singapore has come together many times over the past month to grapple with what is non-negotiable in God’s eyes.

シティー・チャーチのアンドレ・タン牧師(自身のフェイスブックから)

「私にとっていちばん大きな学びになったのは、恐怖感と知恵の間の道を進むことでした」と言うのはシティー・チャーチのアンドレ・タン牧師。「私たちの恐怖感は、もっともらしい言葉で忍び寄ることがあり、それを見破るのはたいへん難しいと思います。どのくらいの予防措置を取ることが実際に健全な判断だといえるでしょうか。あるいは、何が『不合理な恐怖と不安とに煽(あお)られたものだ』と判断できるでしょうか」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“The biggest lesson for me has been navigating the road between fear and wisdom,” said pastor Andre Tan of The City Church. “It is especially tough as fear often has a way to masquerade itself as wisdom. How many precautionary measures are actually sound judgment and how many are too much, such that they teeter over into irrational fear and anxiety?

「対応の実施は簡単ではありません。行政が推奨している健康対策については、教会員に伝える必要がありますが、この地域の文化的特徴である恐怖感や不安感、自己保身に走る風潮を煽ってはならないからです。私たちが心がけたのは、教会員に連絡をとる際に、対策を伝えるだけでなく、『この時、私たちが神の民としてどう振る舞うかが問われている』と伝えることです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“It is a tough road to navigate, as we had to both convey safety to our members—by way of implementing recommended health measures—and yet not succumb to the cultural climate of fear, anxiety, and self-preservation,” Tan told CT. “We do so in all our notices by ensuring that we are not just communicating measures but also casting a vision for how to be the people of God in this time.”

実際の教会の対応は、その教義や地域の状況、および新型コロナ・ウイルスの感染が疑われる人に接触しているか否かによって異なる。そこに正解はない。何もかもが異常な状況にあって、私たちは最も適切な対応を講じる必要がある。以下に、シンガポールの教会が礼拝を維持するために取った予防措置を記す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In practical terms, a church’s response will vary depending on its doctrine, local context, and exposure to suspected cases of COVID-19. There is no correct answer; all are seeking the most appropriate response in extraordinary times. Precautions that Singaporean churches have taken to maintain services include:

●礼拝や小規模な集会で参加者の体温を測ること。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Taking temperatures at worship services and smaller-scale gatherings.

●必要に応じて連絡が取れるよう、旅行に出かける際にはその旨を報告し、連絡先を詳細に伝えることの義務づけ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Mandating travel declarations and recording contact details of attendees to facilitate tracing of contacts if needed.

●高齢者や子どもが参加するようなリスクの高い集会は中止。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Suspending gatherings of more vulnerable groups, such as the elderly or children.

●聖餐(聖体拝領)を一時停止、あるいは個別包装されたパンやワインなどの代替品を使用すること。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Suspending Communion, or moving to alternatives such as pre-packaged bread and wine.

●間接的な接触を減らすため、賛美歌集ではなくプロジェクターを使用すること。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Moving away from hymnals to limit physical points of communal contact and using projection screens instead.

礼拝の完全休止を選択した教会もある。シンガポールのカトリック大司教区は、2月15日から32の教区でミサを中止するという、これまでに前例のない対策を取った(その後3月14日に再開すると発表。カトリック信徒はシンガポール国民580万人の約7%を占める)。(に続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Some have chosen to suspend their services entirely. The Roman Catholic archdiocese in Singapore took the unprecedented step of suspending Mass in its 32 parishes starting February 15, advising congregants to continue to fulfill their spiritual obligations by tuning in to online sermons, spending time in prayer, and reading the Word at home. (The Catholic church, which accounts for about 7 percent of Singapore’s 5.8 million people, has announced that Mass will resume March 14.)

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.