「とらえどころのない存在」の検索結果 26 件

【CHRISTIANITY TODAY】とらえどころのない存在⑩(最終回) 私たちは神を愛し、そして嫌う。それを認めずには前進できない(後編)
私たちは自分の望みが何であるかを知る必要がある。もし奇跡を望むなら、神を見つけることは決してできない。もし神を望むなら、奇跡をあきらめて平凡の中で神を探さなければならない。その平凡さこそ、神が恵みと真実を持って来てくださる場所なのだから。
【CHRISTIANITY TODAY】とらえどころのない存在⑩(最終回) 私たちは神を愛し、そして嫌う。それを認めずには前進できない(前編)
どの信者も、神について相反する感情を抱いている。真に愛してくださる方との親密な関係を求めているのに、自分が自由にできなくなることを恐れている。自分の望んでいるものを不快に思い、私たちが願うものを恐れている。神を愛しているのに憎んでいるのだ。
【CHRISTIANITY TODAY】とらえどころのない存在⑨ もはや舞台のスターとなった説教者(後編)
牧師は説教を短くして、一人の人間の声が礼拝に占める割合を減らすべきだ。賛美する時間を増やしてもいい。祈る時間を増やしてもいい。沈黙の時間を作ってもいい。聖餐や儀式の時間を増やしてもいい。つまり、神のための時間を増やすべきということだ。
【CHRISTIANITY TODAY】とらえどころのない存在⑨ もはや舞台のスターとなった説教者(中編)
牧師は信徒からの反応が嬉しいのだ。人々は礼拝の後、大げさに握手しながら、彼らがその小話をどれだけ楽しんだかを話してくれる。ほかのみんなが「個人的に、親密に、もっと話してくれ」と言ってくれるような日に、その誘惑に抵抗することは非常に難しい。
【CHRISTIANITY TODAY】とらえどころのない存在⑨ もはや舞台のスターとなった説教者(前編)
説教は結局、人間関係のことについて終始してしまっている。話す者の人生経験や例話に基づいたメッセージは結局、思いとは裏腹に、説教する者に焦点が当てられてしまう。そのスタイルでは、自らが目指している目的を達成できないことに気づいていないのだ。
【CHRISTIANITY TODAY】とらえどころのない存在⑧ 聖餐と洗礼に何が起きたのか(後編)
聖餐と洗礼の「サクラメント」を、真剣さと献身、敬意をもって定期的に行うようになるまでは、福音派が霊的な昏迷と人間関係の働きにとらわれていることから回復するとは思えない。主の明確な命令に従うようになるまでは。
【CHRISTIANITY TODAY】とらえどころのない存在⑧ 聖餐と洗礼に何が起きたのか(前編)
聖餐と洗礼は、その人の信仰が深まり、強められる経験であり、そういうことは神様の恵みによる以外には起こりえないのだ。これがこの記事で私が言うところの「恵みの手段」であり、「サクラメント」という言葉を使って語るゆえんだ。
【CHRISTIANITY TODAY】とらえどころのない存在⑦ 福音派的賛美の誘惑(後編)
礼拝について再考するには、神が神であるゆえのあらゆる複雑さ(私たちが神にどうあってほしいのかではなく)に焦点を当て続けることだ。私たちがどう感じるか、礼拝が何を感じさせてくれるかにかかわらず、神に献げ物をするために礼拝に向かうということだ。
【CHRISTIANITY TODAY】とらえどころのない存在⑦ 福音派的賛美の誘惑(前編)
神の栄光を求めて歌うとき、神への恐れや、神との生活がもたらす慎ましさや苦悩を知りたいと求めているわけではない。私たちが望んでいるのは宗教的な高揚感だ。神の栄光とは何か、それが私たちに何をもたらすのかを本当に知りたいと思っているわけではない。
【CHRISTIANITY TODAY】とらえどころのない存在⑥ 死に至る教会の病(後編)
「教会は宣教的でなければならない」と考えているので、説教と礼拝を簡略化した結果、さまざまな意味でありふれたキリスト教になってしまった。多くの教会が成長している理由はそれだ。しかしそれは、神の民の成長を妨げるように作られた食事だ。

天城山荘・キャンペーンエントリー


クリプレ限定キャンペーン

必須お名前

必須メールアドレス

任意メッセージ内容

フェローワーカーに登録すると合わせて感謝

*本キャンペーンはクリプレ限定です、お問い合わせ窓口もクリプレのみの対応となります。
*施設詳細はこちら http://amagisanso.com/

天城山荘

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.