書籍

カール・バルト説教選『しかし勇気を出しなさい──待降・降誕・受難・復活』(日本キリスト教団出版局)

投稿日:

Print Friendly, PDF & Email

 

「ハロウィン」が終わり、店頭のディスプレイもクリスマスに模様替え。そして、今年のアドベント(待降節)もいよいよ12月2日から。それに先駆け、カール・バルト説教選『しかし勇気を出しなさい──待降・降誕・受難・復活』(日本キリスト教団出版局)が10月25日に刊行された。バルトが1968年に召天してから今年が50年目であることを記念したものだ。

カール・バルト説教選『しかし勇気を出しなさい──待降・降誕・受難・復活』(日本キリスト教団出版局)

20世紀を代表する神学者カール・バルトは名説教者としても有名で、クリスマス説教集としては『降誕』(新教出版社)がある。また、いま手軽にその説教に触れるには、バルト・セレクション『聖書と説教』(同)も。しかし、日本語で読めるものとしては、『カール・バルト説教選集』全18巻(日本キリスト教団出版局)がいちばん本格的だ。その中から、待降、降誕、受難、復活をテーマとした説教12編を佐藤司郎氏(東北学院大学名誉教授、日本基督教団・仙台北三番丁教会牧師)が選んだものが本書。ちなみに、『カール・バルト説教選集』全18巻召天50年記念セットは税込10万円、限定30セットで12月に発売される。

全体は「第1部 アドヴェント・クリスマス説教」と「第2部 レント・イースター説教」で構成され、「待降」2編(イザヤ書42・1─4による説教、ヤコブ5・7─8による説教)と「降誕」4編(最後の問いと答え、今日汝らのために救い主生まれたまえり、われらと共にとどまりたもう、しかし勇気を出しなさい)、「受難」2編(罪の赦し、イエスと共なる犯罪人)と「復活」4編(永遠の生命──復活節、われ生くれば汝らも生くべし、わずかの間、復活日の秘密)が収められている。

表題の「しかし勇気を出しなさい」は1963年、死の5年前のクリスマス・イブにバーゼル刑務所で語られたクリスマス・メッセージだ。「あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている」(ヨハネ16:33)から取られている。

「(バルトは)牧師職を離れてからも求めに応じて喜んで説教壇に立った。晩年バルトが、すなわち、1954年から1964年までの10年間、年齢でいうと68歳から78歳、バーゼル刑務所で年に2、3回のペースで説教したことは説教者バルトを語る上で欠くことはできない。……本書にはその中から5編採録した」と佐藤氏は「あとがき」で書いている。特にこの「しかし勇気を出しなさい」などは、「最後のバーゼル刑務所における深みと暖かみのある対話的な説教」と評しているが、そこでの説教は翌年のイースターが最後となるだけに、感慨深いものがある(244~245頁)。

「(キリストは)私たちの不安という荒れた大海に向かって、聞き逃すことのできぬような仕方で、『しかし、勇気を出しなさい』と言われる。ここで私たちは再び、あの力強く壮大な『しかし』という言葉を聞く。私たちが聖書の他の様々な箇所でも出会う、あの『しかし』という言葉を聞く。そこではその都度〔先(ま)ず〕何か否定できない確固とした真実な事実が、指摘されている。例えば、『それは人間にできることではない』(マタイ19:26)とか、『山は移り、丘が揺らぐこともあろう』(イザヤ書54:10)とか、『大地は滅びる』(マタイ24:35)とか、『主はわたしを厳しく懲(こ)らしめられた』(詩編118:18)とか。しかしその上で、そのような事実に対して、第2の事実が対置される。この第2の事実は、第1の事実を否定しない。それゆえに、抹殺したり抹消したりしない。しかしその代りに、それを小さいものとして示し、それを完全に凌駕(りょうが)する。例えば、『しかし神は何でもできる』(マタイ19:26)とか、『しかし、わたしの慈しみはあなたから移らず』(イザヤ54:10)とか、『しかし、わたしの言葉は決して滅びない』(マタイ24:35)とか、『しかし、死に渡すことはなさらなかった」(詩編118:18)とか。そしてここでも『あなたがたには世で不安がある。しかし、勇気を出しなさい』と言われる」(105~106頁)

佐藤氏は、バルトの説教の録音をぜひ聞くことを勧めている。「語り口の迫力に圧倒されるに違いない。……重要な言葉は強弱を付けくり返し、いわばみ言葉のリズムにしたがって説き明かしはつづいていく」(245頁)。

その説教の醍醐(だいご)味を、この秋の夜長に味わってみてはいかがだろうか。

佐藤司郎編・解説
カール・バルト説教選
『しかし勇気を出しなさい──待降・降誕・受難・復活』
日本キリスト教団出版局
2018年10月25日初版発行
四六判・248頁
2400円(税別)

-書籍
-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
雜賀信行(さいか・のぶゆき)

雜賀信行(さいか・のぶゆき)

「クリスチャン・プレス」編集長。カトリック八王子教会(東京都八王子市)会員。日本同盟基督教団・西大寺キリスト教会(岡山市)で受洗。1965年、兵庫県生まれ。関西学院大学社会学部卒業。90年代、いのちのことば社で「いのちのことば」「百万人の福音」の編集責任者を務め、新教出版社を経て、雜賀編集工房として独立。2001年からキリスト新聞社をはじめ、キリスト教出版社を中心に書籍や雑誌の編集を数百冊手がけてきた。著書に『人生が変わる聖書のことば60』(いのちのことば社)、『牧師夫人新島八重』『キリシタン黒田官兵衛』『宮沢賢治とクリスチャン』などがある。

2018年11月17日 患難との戦い(フィリピの信徒への手紙 1:12-20)
Print Friendly, PDF & Email

兄弟たち、わたしの身に起こったことが、かえって福音の前進に役立ったと知ってほしい。

つまり、わたしが監禁されているのはキリストのためであると、兵営全体、その他のすべての人々に知れ渡り、

主に結ばれた兄弟たちの中で多くの者が、わたしの捕らわれているのを見て確信を得、恐れることなくますます勇敢に、御言葉を語るようになったのです。

キリストを宣べ伝えるのに、ねたみと争いの念にかられてする者もいれば、善意でする者もいます。

一方は、わたしが福音を弁明するために捕らわれているのを知って、愛の動機からそうするのですが、

他方は、自分の利益を求めて、獄中のわたしをいっそう苦しめようという不純な動機からキリストを告げ知らせているのです。

だが、それがなんであろう。口実であれ、真実であれ、とにかく、キリストが告げ知らされているのですから、わたしはそれを喜んでいます。これからも喜びます。

というのは、あなたがたの祈りと、イエス・キリストの霊の助けとによって、このことがわたしの救いになると知っているからです。

そして、どんなことにも恥をかかず、これまでのように今も、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストが公然とあがめられるようにと切に願い、希望しています。

(フィリピの信徒への手紙 1:12-20)

Copyright© クリスチャンプレス , 2018 All Rights Reserved.