クリスチャニティー・トゥデイ

【CHRISTIANITY TODAY】なぜアドベントを祝うのか──キリスト降誕は1日で祝うには大きすぎる

投稿日:2019年12月8日 更新日: -

 

アドベントが始まる週末、わが家ではクリスマスのイルミネーションをつけ、ツリーを飾り、教会ではクリスマス・ソングを歌った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
This weekend, we put up the Christmas lights, started decorating the tree, and then sang Christmas songs at church.

(写真:Anderson Mancini)

これでクリスマスらしくなってきた。ただ、多くの者にとってはカオスに向かっているように感じられるかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Yes, it’s beginning to look a lot like Christmas—which, for many of us, feels like a rush into chaos.

贈り物をしたり、クッキーを焼いたり、パーティーを主催したりする間、息をつく間もなく、何があったかを一人で振り返る時間を持つことさえ難しい。この消費文化は毎年やって来て、私たちを迷わせ、邪魔をする。今年のクリスマスもきっと同じことだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Between all the gift giving, cookie baking, and party hosting, it can be difficult to find time to breathe, let alone reflect. Our consumeristic culture returns each year in full swing, doing all it can to dazzle and distract us; believe me, this Christmas season won’t be any different.

多くのクリスチャンは、車のバンパーに「イエスこそクリスマスの理由」と書いたステッカーを貼ったり、そう書かれたマグカップを使ったりしているが、本当にそう信じているのだろうか。クリスマスからサンタとソリがなくなっても、同じように喜びあふれるものになるだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Believers sport bumper stickers and coffee mugs with the saying ‘Jesus is the reason for the season,’ but do we really mean it? Would Christmas be just as joy-filled even if Santa and his sleigh were taken out of the picture?

アドベントを祝うことの一つは、ゆったりとした時間を持って、頭と心をキリストの降誕に向けることだ。この季節には祝うことがたくさんあるが、最も大切で力あることは、小さなベツレヘムの町で2000年前に生まれた男の子を祝うということだ。彼こそがイエス。待ち焦がれていた救い主。地上の生涯では、病人を癒やし、傷ついた者に「いのち」を語り、見えない者の目を見えるようにした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Part of celebrating Advent is slowing down and letting our hearts and minds be reoriented around the coming of Christ. This season is a celebration of many things, but mostly—powerfully—it’s a celebration of a baby boy born 2,000 years ago in the tiny town of Bethlehem. He is Jesus: the long-awaited Messiah. He spent his days on earth healing the sick, speaking life to the hurting, and bringing sight to the blind.

しかし、それで終わったのではない。

この世が目にした最大の愛の行動は、イエスが人間の贖(あがな)いのために自分の命をささげたことだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In the greatest act of love this world has ever seen, Jesus gave up his life for the redemption of humankind.

皆さんにとってそれがどういうことかは分からないが、私にとってそれこそクリスマスを祝う理由なのだ。どんな店で売っている目新しいデジタル機器や携帯端末よりも素晴らしい贈り物だ。このことを念頭に、アドベントの季節をもっと有意義にするいくつかの方法がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
I don’t know about you, but that’s what I want to celebrate this Christmas—a gift much greater than the latest department store gadgets and gizmos. In light of this, here are some ways that I’ve found to make the Advent season more meaningful.

(写真:Tamperetunnetuksiry)

1 生きることを学び、その瞬間に集中する

アドベントの季節は、聖公会やバプテスト、ペンテコステ派のためだけにあるのではない。どの時代のどの場所であっても、すべての信者のためにある。歴史上のある瞬間にすべてを変えたと多くの者が敬意を払うあの夜を祝うため、まさに今、教会として私たちは集まる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Advent season isn’t just for Anglicans, Baptists, or Pentecostals—it’s for all believers in every time and place. Right now as a church, we come together in celebration of a particular moment in history—a night that, in many respects, changed everything.

ティム・ケラーは著書『隠されたクリスマス』で、クリスマスは「ただの誕生ではなく、来訪なのだ」と教える。受肉された神は、人間のただ中に住まわれ、そうすることで、「神は遠くにいて無関心だ」と考える私たちにしっかりと向き合ってくださった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In his book Hidden Christmas, Tim Keller tells us that Christmas “is not just about a birth but about a coming.” God in the flesh made his home in our midst, and in doing so flew right in the face of our expectation that he was somehow distant or disinterested.

このアドベントの時に、私たちはキリストの訪れを覚え、キリストのしてくださったすべてのことに感謝することを求め、これからキリストがしてくださるすべてのことに対して喜びをもって期待するのだ。そして、占星術の学者が感じたのと同じ興奮を味わい、処女マリアが初めてイエスをその腕に抱いた時の不安を体験したいと思う。この世界で初めてのクリスマスの不思議を体験するために、私たちを邪魔するような歴史的・文化的事情などはいらない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
During this time of Advent, we remember Christ’s coming and long to express gratitude for all that he’s done and live in joyful expectation for all that he has yet to do. We want to feel the excitement of the magi and experience the nervousness of the virgin Mary as she held baby Jesus in her arms for the first time. We don’t want historical or cultural context to prevent us from experiencing the wonder of earth’s first Christmas.

今年、自宅でこのようなことをするために、対話形式でアドベントを祝うことができるアン・ヴォスキャンプの『素晴らしい贈り物の不思議』を家族で読んでいる。家族がゆったりとした時間を持ち、一歩下がって、クリスマスの伝統の背後にある深い意味を知るのに役立つ本だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
To do this in my home this year, we’re going through Ann Voskamp’s interactive Advent celebration called The Wonder of the Greatest Gift together as a family. It’s been a helpful way for our family to slow down, take a step back, and recognize the deep meaning behind the Christmas tradition.

(写真:vastateparksstaff)

2 クリスマス・シーズンにおける健全な家族の伝統を作り上げる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Second, establish healthy traditions and expectations for your family’s Christmas season.

多くの子どもと同様、わが家の子どもたちもプレゼント交換を大事にしている。また私たちの多くは、お祝いのパーティーや、家族や友人と過ごす時間の大切さを自然と共有している。しかし、これらのどれをとっても、クリスマスのお祝いの中心となってはいけない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
My kids, like most, appreciate the gift giving and receiving. Most of us also naturally share an appreciation for all the festive parties and time with family and friends. But none of these things should be at the core of our Christmas celebration.

私たちの行動様式は瞬(またた)く間に、この季節の消費主義に巻き込まれる。プレゼントに夢中になり、サンタ以外のものが見えなくなって、飼い葉おけの赤ちゃんに気づけないようだ。子どもだった頃、自分も階段を駆け下りて、プレゼントの包み紙を熱心に破いて山のようにしたのを思い出す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The culture we live in is quick to buy into the season’s consumerism. They get wrapped up (get it?) in all the presents and can’t seem to see past Santa long enough to notice the baby in the manger. When I was a kid, I too remember the thrill of running down the stairs and eagerly ripping into mounds of wrapping paper.

親として私は、それとは違うことをしようと努力してきた。今ではクリスマスの朝、私と家族はプレゼントを開ける前に、キリストの誕生の物語を読む時間を持っている。原則として、まずはツリーの下に置くプレゼントの数も減らそうとしてきた。なぜなら、クリスチャンとしての私たちの目標は、物質に執着した主流の文化に貢献するのを避けることだと信じているからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As a parent, I’ve tried to do things differently. Now on Christmas mornings, my family and I take time to read through the story of Christ’s birth before tearing into any gifts. As a general rule, though, we’ve also tried to reduce the number of presents under the tree in the first place because we believe that our goal as believers is to avoid contributing to our mainstream material-obsessed culture.

ホントホルスト「羊飼いの礼拝」

3 リズムを作る

1年の中でこの時がクレイジーな時期であることはよく知られている。贈り主を秘密にしたプレゼントを買ったり、食事の用意をしたりして過ごす時間は言うまでもなく、同僚や近所の人、家族とのパーティーでスケジュールはいっぱいだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
It’s no secret that this is a crazy time of year. Between all the parties with coworkers, neighbors, and family members—not to mention all the time spent purchasing Secret Santa presents and preparing food—schedules are packed.

しかし、贈り物をするのと同じように、私たちクリスチャンは異彩を放った生活を送るようにと召されている。つまり、私たちが何をし、どのように行うかについては、一般的な文化的コンセンサスと異なって見えるべきだということだ。アドベントの季節に向けては、私たちの心を反映させた生活のペースで過ごしたいし、このホリデーのお祭りによって、礼拝すべき神への願いを締め出したくないのだ。だから、忙しさが始まる前に、このクリスマスの時期をどのようなリズムで過ごしたいかを決めるべきなのだ。信じてほしい。そうすればきっと感謝することになるから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But, as with the gift giving, our call as Christians is to live distinctive lives. That is, what we do and how we do it should look different from the general cultural consensus. We want our pace of life to reflect our heart for the Advent season and our desire for the God we worship to not get crowded out of the holiday festivities. So, before the busyness sets in, make some decisions about the rhythm you want to set this Christmas season—believe me, you’ll be grateful you did!

クリスチャンとしてアドベントの時期に、「間の時」、つまり降誕後であり再臨前である時代を私たちが生きているということを覚えよう。再臨を待望する中で、すべてのことがあるべき姿になっていないと知って生きよう。深く傷つき、この世の最終的な回復が実現するのを待ちわびている近所の人や友人、家族まで、さまざまな人がまわりにいることを見よう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
As believers, we also remember during Advent that we now live in the ‘between’ times—after the first and before the second coming. As we anticipate Christ’s second coming, we live in the knowledge that things are still not as they should be. We see people all around us, from neighbors to friends and family members, experiencing deep brokenness and long to see the final restoration of earth come to fruition.

しかし、それこそ本当に希望を祝うこの季節なのだ。すべてのわざが完全に終わったのではなく、神はまだ働いてくださっている。私たちを置き去りにしたのではなく、あきらめてもいない。私やあなたのような失われた羊を絶えず追い求め続けてくださる神なのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
But really, that’s what this season is: a celebration of hope. Not that the work is fully done, but that God is still doing it! He hasn’t left us, he won’t give up; he is a God in constant pursuit of lost sheep like you and me.

飼い葉おけの赤ちゃんは、堕落した世界への神の恵みのしるしではなく、これからやって来る贖(あがな)いの保証なのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The child in the manger wasn’t just a sign of God’s grace on a fallen world, but a guarantee of the redemption still to come.

執筆者のエド・ステッツァーはホイートン大学のビリー・グラハム教会・宣教・伝道委員長であり、ビリー・グラハム・センター事務局長、ミッション・グループから教会リーダーシップの書籍を出版している。

本記事は「クリスチャニティー・トゥデイ」(米国)より翻訳、転載しました。翻訳にあたって、多少の省略をしています。

出典URL:https://www.christianitytoday.com/edstetzer/2017/december/adventbirth-of-christ-is-too-big-for-one-day.html

関連記事

神学校特集
フェローワーカー募集中!
フェローワーカーとは 献金のお願い
クリスチャンプレスは皆様の祈りとサポートで支えられています

日本聖書協会おすすめ聖書特集

-クリスチャニティー・トゥデイ
-

Copyright© クリスチャンプレス , 2020 All Rights Reserved.