教育

長崎西高生考案の「キリシぱん」、長崎のローソンで限定発売
長崎県内のローソン各店で菓子パン「キリシぱん」が、22日から約1カ月間の予定で販売される。長崎県立長崎西高等学校の生徒とローソンが共同開発した。世界遺産である五島列島にちなみ、長崎の郷土菓子「かんころもち」などを包んで焼き上げられたもの。
1月18日は梅花女子大学の創立記念日
今日1月18日は梅花女子大学の創立記念日です。1878(明治11)年、沢山保羅(さわやま・ぽうろ)が現在の大阪・肥後橋に開校しました。校名は、共同出資した「梅」本町公会(現・日本基督教団・大阪教会)と、沢山が牧師を務めた浪「花」公会(現・日
阪神・淡路大震災から24年 関西学院大メモリアル・チャペル
阪神・淡路大震災(1995年)で学生15人と教職員ら8人が亡くなった関西学院大学(兵庫県西宮市)は9日、西宮上ケ原キャンパスにあるランバス記念礼拝堂で阪神・淡路大震災メモリアル・チャペルを開催した。学生や教職員など約160人が集まった。
日本ルーテル神学校が「神学一般コース」新設、15日から出願受付開始
日本ルーテル神学校(東京都三鷹市、石居基夫校長)に4月から「神学一般コース」が新設され、出願受付が15日から始まる。どの教派の信徒でも、またキリスト教に深い関心のあるノンクリスチャンに広く開かれた学びを2年間のプログラムによって提供する。
【インタビュー】青山学院院長の山本与志春さん 「地の塩、世の光」となるサーバント・リーダー育成を目指す(後編)
青山学院は幼稚園から大学・大学院までを擁し、キリスト教信仰に基づく建学の精神で「人と社会のために何ができるか」を考え、実践し続けている。昨年7月に院長に就任した山本与志春(やまもと・よしはる)さんに話を聞いた。後編はこれまでの歩みなど。
【インタビュー】青山学院院長の山本与志春さん 「地の塩、世の光」となるサーバント・リーダー育成を目指す(前編)
青山学院は幼稚園から大学・大学院までを擁し、キリスト教信仰に基づく建学の精神で「人と社会のために何ができるか」を考え、実践し続けている。昨年7月に院長に就任した山本与志春(やまもと・よしはる)さんに話を聞いた。前編は青学の教育方針について。
聖心女子大 新学長に髙祖敏明氏
聖心女子大学は1日、第9代学長に髙祖敏明(こうそ・としあき)氏(71)を11月20日の理事会で選任したと発表した。任期は2019年4月1日から4年間。髙祖氏は聖心女子学院理事で上智大学特任教授。岡崎淑子学長の任期満了に伴うもの。
遺愛女子中学・高校がキャロリング 函館市内にキリスト誕生の喜びを届けて
遺愛(いあい)女子中学校・高等学校(福島基輝校長)は5日、毎年恒例のクリスマス・キャロリングを函館市内で行った。今年は、188人の生徒がグループに分かれ、病院や教会、幼稚園や福祉施設、JR函館駅など市内17施設を訪れ、美しい歌声を響かせた。
立教大学がイルミネーション点灯式 救い・希望の光をすべての人に
立教大学・池袋キャンパス(東京都豊島区)で27日、クリスマス点灯式(主催:同大池袋クリスマス実行委員会)が開催された。立教学院諸聖徒礼拝堂聖歌隊などが美しい音色を奏でる中、2本のヒマラヤ杉に色とりどりの光が灯(とも)された。
仙台白百合女子大学 キリシタン巡礼バス遠足 クリスチャン武将、後藤寿庵の足跡を訪ねて
仙台白百合女子大学(宮城県仙台市)が3日、キリシタン巡礼バス遠足を実施し、ガイド役として日本基督教団牧師の川上直哉(かわかみ・なおや)さんが同行した。岩手県にあるクリスチャン武将後藤寿庵(ごとう・じゅあん)ゆかりのキリシタンの里などを訪れた

カテゴリーで一番読まれている記事

それぞれのカテゴリーで一番読まれている記事

Copyright© クリスチャンプレス , 2019 All Rights Reserved.